首相の蹉跌

首相の蹉跌―ポスト小泉 権力の黄昏 清水真人・著 日本経済新聞社・刊 1900+TAX円

d0054692_21531127.jpg 自民党の細田幹事長が「国民の程度が低い」と発言し、すぐ撤回した。
国民程度低い?自民・細田氏が発言撤回
記事の本文にもあるように、最近の支持率低下によるいらだちから、つい本音が出たのだと思う。お世辞にも褒められた発言ではないが、結構当を得た発言だ。
 しかし、肝心なことを彼は忘れている。「この程度の国民」ということで最も利益を得てきたのは、当の自民党自身であるということだ。「この程度の国民」だったから、怒り、嘆き、呆れながら、それでもなお、自民党を支持し続けてきた。「この程度の国民」でなかったら、もっと前に自民党は下野していたかもしれない。
「この程度の国民に」心から感謝すべきであり、批判などもってのほかなのだ。

 コイズミ改革以降、、安部、福田と短命政権が続き、麻生現政権にも黄昏が迫っている。本書は、その部分に「なぜだ?」と切り込んだ本だ。
 国民はなぜ、小泉政権にあのような圧倒的な支持を与えたのか。その圧倒的な数の力を継承しながら、後継政権はなぜ、かくも脆く崩れ去ったのか。
 その鍵は党内統治と官僚の使い方にあったのだと筆者は指摘する。飴と鞭を巧みに使い分けて、官僚を旨く利用した小泉政権に比して、官僚批判だけを繰り返し挙げ句の果ては官僚による”自爆テロ”さえも招いてしまった後継政権における官僚の使い方を詳細に検証している。
 そして、それを招いたのは、、安部、福田共に大臣経験のなさが原因しているのではないかとも。



現代社会と統計 2 格差社会の統計分析 岩井浩/福島利夫/菊池進/藤江昌嗣・編著 北海道大学出版会・刊 3,000+TAX円
遊びの人類学ことはじめ フィールドで出会った<子ども>たち 加盟伸孝・著 昭和堂・刊 2,400+TAX円
とことん!部落問題 亀岡伸彦・著 講談社・刊 1,700+TAX円
精神障害者をどう裁くか 岩波明・著 光文社・刊 740+TAX円
天才脳は「発達障害」から生まれる 正高信男・著 PHP研究所・刊 ???+TAX円
ディスレシアでも大丈夫! 読み書きの困難とステキな可能性 藤堂栄子・著 ぶどう社・刊 1,600+TAX円
漢字の相談室 阿辻哲次・著 文藝春秋・刊 750+TAX円
筋肉学入門 ヒトはなぜトレーニングが必要なのか? 石井直方・著 講談社・刊 1,600+TAX円
睡眠と夢 ミッシェル・ジュヴェ・著 北浜邦夫・訳 紀伊國屋書店・刊 ?,???+TAX円
自己組織化とは何か 第2版 自分で自分を作り上げる教委の現象とその応用 都甲潔/江崎秀/林健司/上田哲男/西澤松彦・著 講談社・刊 880+TAX円
暮らしを支える「ねじ」のひみつ メガネ・飛行機・超高層ビルまで世界を支える「ねじ」の基礎知識 角田和雄・著 ソフトバンククリエイティブ・刊 952+TAX円
[復刊]自然の観察 文部省・著 [編集・解説]日置光久/露木和男/一寸木肇/村山哲哉 農文協・刊 4,700+TAX円
鉋大全 ~カンナの使いこなしを網羅した決定版~ 大工道具研究会・編 誠文堂新光社・刊 1,500+TAX円
ほんとうに読んでほしい本150冊 プレンジデント社書籍編集部・編 プレンジデント社・刊 952+TAX円
福永真一のHAPPYしみ抜きライフ 福永真一・著 ソフトバンククリエイティブ・刊 1,300+TAX円
子どものケータイ利用と学校の危機管理 下田博次・著 少年写真新聞社・刊 1,300+TAX円
六十五歳 ますます愉しい山山 本多勝一・著 朝日新聞出版・刊 2,000+TAX円
中国の四字熟語 現代流行語から読む中国人の仰天価値観 祐木亜子・著 日本実業出版社・刊 1,500+TAX円
四つの四重奏 T・S・エリオット・著 岩崎宗治・訳 国文社・刊 2,000+TAX円
きつねのはなし 森見富美彦・著 新潮社・刊 476+TAX円
あの歌がきこえる 重松清・著 新潮社・刊 514+TAX円
[PR]

by taketombow | 2009-07-27 06:15 | 私の本棚から  

<< 私たちに何ができるのだろうか? 剣岳 >>