「夢を持つ」「希望を語る」ということ

昨年度卒業式の式辞で触れた本。 児童書(中学生~高校生向け)
先が見えない時代、夢を持ちにくい時代。だからこそ、夢が必要なのだな。
d0054692_831256.jpg

夢を持ってはいけません -目標達成力を身につける 佐々木宏・著 国土社・刊 1,200+TAX円

意表を突く書名に思わず、手に取りたくなる。そして、「何故だろうか。著者は何を言いたいのだろうか。」との問題意識をもったまま、読者は巻末まで一気に読み進む。

自分は何になったらいいのだろうか、何になれるだろうか。どうなるのだろうか。と、自分の将来に対して、少しでも考えたことのある子どもたちだったら、この本は適書だろう。
 しかし、そのような子ども達は、全体の何割いるのだろう。また、書名だけを見て「あっ、そうなんだ。希望を持ってはいけないんだ」と、何も考えず、素直に妙に納得されてしまって困る。
 
 この本を「思わず手に取る」そして「何気なくぱらぱらとめくる」そのような子どもに育てるのは、私たち大人の仕事だ。

 要は”「夢」を「夢」のままで終わらせてはいけない”ということ。「夢」に「日付」をいれるだけで「目標」になる。

具体的な方法を4つ述べている。
1 時間を大切にして努力すること。1日を86,400円(1秒=1円)と考えてみる。努力しても結果が出なかったら、方法、目標設定、真剣度のどれかに原因がある。
2 努力は孤独でない。結果が出なくても、自分の心の中では必ず何かが起こっている。
3 親友を沢山作ろうと思うな、真の友だちが一人いれば十分だ。
4 目標はメガピクセルで。できるだけ詳しく描け。
5 失敗を恐れるな。若い間は失敗も許される。「ガラスの自己肯定感」であってはならない。「真の自己肯定感」を育め。それは失敗を経験して育てられる。「成功」の反対語は「失敗」ではない。「成功」の反対語は「何もしない」だ。

子ども達だけでなく、職場や学校の朝会でのネタに使えそうな内容だ。
[PR]

by taketombow | 2010-05-15 08:48 | 私の本棚から  

<< 子育てを考える2冊 「もう」就活?「まだまだ」就活? >>