一斉授業の復権

d0054692_9331465.jpg久保 斎 著
ISBN490133061
子どもの未来社・刊   定価(1,995) 円



個別化・個性化教育への最近の流れは、一斉授業を「一昔前」の授業形態としてしまった。しかし、一斉授業はそんなに悪いのか、一斉授業の良さを見直すべきだと筆者は指摘する。「個の学びと集団の学びとが両立する」のが一斉授業であると。具体的な授業方法を提示しながら、一斉授業の実践的意義を展開していく。「授業」というものを改めて見直すには好適な本だと思う。
[PR]

by taketombow | 2005-07-03 09:34 | 私の本棚から  

<< 発達障害かもしれない 見た目は... オレ様化する子どもたち >>