ラベルは相当に悪趣味だが・・。

悪ノリついでに、こんなビールも飲んだ。
ここまで行けば相当に悪趣味だと思う。
d0054692_1172235.jpg

「ギロチン(断頭台)」そのものの名前で、ラベルにはギロチンのイラスト。王冠の部分は血を連想させる赤のフォイルで覆っている。

味は意外にさっぱりしているが、フルボディとライトの中間くらいかな。泡は実にきめ細かく豊かだが、味にこれといった個性はない。このラベルとブランドがなかったら手に取らなかったかも知れない。
 今回は面白半分に飲んだが、多分再び飲むことはないだろう。ベルギーには、この程度の味なら幾らでもブランドはある。
[PR]

by taketombow | 2010-09-01 11:13 | ベルギービール  

<< IO-DATAのYouTube... 流石に ジョークが分かる国だ。 >>