自殺サイト殺人

中3か遺体を発見 (朝日 05/08/07)
 人材派遣会社員 村上容疑者の自供に基づき大阪和歌山県境の山中で遺体の一部を発見した。

 何とも,複雑な心境にさせられる事件だ。
自殺サイトに書き込む人たちの心理を,私は推し量ることはできない。しかし,本当に「死にたい」と思っているのはその一部ではないか。「死にたい」と気持ちを書き込めば,それに理解を示す書き込みや,思いとどまらせようとする書き込みが入る。そのことによって,誰かに心配して欲しい,気を配って欲しい,関心を持って欲しいという気持ちの表れだったのではないか。
 書き込みのやり取りの中で,行きがかり上決行に自ら追い込まれていく事例も少なくないと思う。

それが,一人の変質者によって殺害された。私は決して自殺を容認するものではないが,「自殺」と「殺される」とは「死」という結果は同じでも全く違う。
 
 最期の瞬間彼らの脳裏に去来したものは一体何だったろうか。
[PR]

by taketombow | 2005-08-08 10:18 | ニースに接して  

<< 蛍の和菓子 林道を車が塞いで >>