PFIで建設した施設 地震で天井が落下



 先の地震で天井が落下したのは、仙台市がPFIで建設したスポパーク松森のプールだったという。
 憂慮するのは、「だからPFIは利益優先になるからだめなんだ」という民間活力活用への後ろ向きの議論が力を増すことだ。
 崩壊は仕方がなかったことなのか、それともコスト最優先のために、安全を軽視したためなのか、周囲の騒音に煩わされず、公正に検証してほしいものだ。  

続報によると、天井吊り下げ金具には、設計段階には有った筈の「揺れ止め」が無かった(付けてあったことが確認できなかった)とのことだ。
[PR]

by taketombow | 2005-08-16 19:14 | ニースに接して  

<< ダブルストックの効用 「郵政解散」に思う >>