ダブルストックの効用

ロッジ 名駅店 の ブログ: ストックのお手入れ方法
 登山用ストックは、いかにも爺臭くって嫌いだった。周囲が使い始めても
「自分だけは使うものか」
と心に決めていた。考えを変えたのは、やはり膝を痛めてからだ。それに、年齢ももう孫がいてもおかしくない歳になったから、抵抗感が少なくなったこともあるかもしれない。

平地を歩くときは、ストックを両手に持ち特に意識せず、地面を交互に軽く突き後方へ押しやる様にして歩く。歩きに加速度が付くような気がするから不思議だ。注意をしているのは、下りの時だ。それぞれの足が地面につく前に、ストックを使う。そして着地のショックを軽減させるように意識して使う。

特に誰かに教わった訳でも無いが、膝の調子はすこぶる良いので、満更間違った使い方でも無いだろう。

唯一、後悔しているのは、予算の関係で安物を買ったことだ。安物と言っても製品が粗悪と言うことではない。収納時のサイズが大きいのだ。日帰り用のザックのサイドに付けても、10センチ近くはみ出すので、藪こぎや、岩場の通過時に気を遣う。

迷っている方は一度使ってみると良い。山行が変わるはずだ。同一メーカー、同一製品のダブルストックが基本だ。

 別にメーカー品番が異なっても使い勝手が良ければ構わないようなものだが、これは見かけの問題だ。いかにも有り合わせではみっともないではないか。

それこそ爺臭い。
[PR]

by taketombow | 2005-08-17 13:07 | 私の山歩き  

<< 山靴の忘れ物 PFIで建設した施設 地震で天... >>