コミュニケーション障害入門

d0054692_1751973.jpg

エレナ・プラント他 著 石坂 郁代 他 訳
ISBN:4469212997 大修館書店・刊
定価(2800+TAX) 円



 書名から、自閉症、ADHD等の情緒障害のことを扱うものと思い手に取った。
しかし、本書で扱うのは、そのような狭い領域だけではなかった。
コミュニケーション障害には、聴覚に原因がある「聞こえ」の障害、言語能力そのものの「言語」障害、頭の中では言語が構成されているにもかかわらず、発することが出来ない「発話」障害等がある。本書ではこれらを概括的に扱っており、将来言語聴覚士を目指す人は勿論のこと、言語に障害をもつ子どもに接する教師、保護者にとって良いテキストとなる。
 構音、音声、流暢性、言語、聴覚とそれれぞれの障害に関して児童と成人とに分けて、原因、診断、治療法に触れている。
 これだけ豊富な内容が、実に分かりやすく整理され解説されている。
 さらっと読み終わると言うよりは、一度目を通した後、手元に置き、症例に直面したとき再び調べるという使い方が出来るだろう。
[PR]

by taketombow | 2005-08-25 17:09 | 私の本棚から  

<< 駒大苫小牧高暴力事件 児童虐待の心理療法 必要なのは... >>