科学で見なおす体にいい水・おいしい水

d0054692_11242516.jpg
岡崎 稔, 鈴木 宏明 著
ISBN:4765544427 技報堂出版 刊
定価 1,890(1800+TAX)円


 水を巡るインチキくさい話はいくつでもある。また,それらインチキ臭い商品の提灯持ち的な書物も数多く発行されている。
 この本は、浄水場等の浄水プラントを設計している技術者が、それらの議論から距離を置き,中立的、科学的な立場で記述しようとしている。
 考えてみれば、水のクラスターが違うとか,波動が込められているとか分子構造が違うとか,訳の分からん効能を並べるだけで,一つ数十万円もする浄水器や整水器が飛ぶように売れるご時世だから、このような本も必要だと思う。
 ふだん,毎日飲んでいる水道水を見直すきっかけになる。 私は水道水を不味いと思ったことはない。
[PR]

by taketombow | 2005-08-27 11:24 | 私の本棚から  

<< どういう人生だったのか 絵手紙 うまれてきてよかった >>