顔立ちから子どもを知る―ルイ・コルマンの相貌発達心理学

d0054692_14563094.jpgL.コルマン (著), 須賀 恭子 訳
ISBN:4762824445 北大路書房 刊
定価 2,625 (2500+TAX)円

 「人間は40歳をこすと誰でも自分自身の顔に責任を持たねばならない(元アメリカ大統領 リンカーン)」
 「顔には人生が表れる(NHKメークアップアーティスト岡野宏)」
 「人となりは顔立ちに表れる」と言う。また、「外見だけで人を判断してはいけない」とも言う。
 コルマンは心身は同一の生命力に発すると考え相貌心理学を発達させた。理論化された8種の気質類類型に身体や顔立ちの形態的類型が対応するのは当然だと。

数多くの子どもたちと接する機会の多い、教育・福祉関係者、カウンセラー、心理臨床研究者にとって参考になるかも知れない。
 しかし、ここに上げられたのは欧米系の顔立ちについてである。日本人の顔立ちとは微妙な相違がある。この点は今後も比較研究の継続が必要だろう。
[PR]

by taketombow | 2005-08-31 15:56 | 私の本棚から  

<< リピーター医師 なぜミスを繰り... 朝日の捏造記事 >>