教師が「万能」とは思わないが、せめて・・・・

一番の後悔は 人に話したこと@いじめ / なつきのココロ

 小学校の教室で、担任教師は一人の「独裁者」としての一面ももっている。「独裁者」というと言葉は悪いが、自分の教育方針を柱として学級を運営していく。教育、生活環境としての学級の雰囲気を左右するのも、その方針の妥当性と実効性だ。
 したがって、それに対しての期待や要望の数も多い。
 その期待に応えられなければ、子どもや保護者の失望を招くだけでなく、つらい思いをする子どもたちを作ってしまう。

これはそんなつらい思いをしてしまった「なつき」さんの回想。

 学級内の問題を発見し解決できなかった担任よりも、その担任(新卒だったという)への校内でのサポート体制はどうなっていたのかが、気になって仕方ない。
[PR]

by taketombow | 2005-09-20 03:21 | 雑感  

<< スタンドプレーに終わらなければ... 御在所岳 一ノ谷新道修復!! >>