西の魔女が死んだ

不登校はどうでしょう? / なつきのココロ

d0054692_143396.jpg
梨木 香歩 著
ISBN: 4101253323 新潮社 刊
定価: 420 (400+TAX)円



中学校へ入学して間もなく、まいは学校へ行けなくなった。喘息の発作がきっかけだったが、クラス女子間の人間関係に疲れ切ってしまったのも大きな要因だった。
 暫くの間、田舎に住んでいる「おばあちゃん」(西の魔女)の元で暮らすことになる。英国生まれのおばあちゃんは、若い頃単身で来日し日本人である祖父と結婚しただけあって、考え方が変わっている。自分の考えを押しつけない。全てを自分の意志で決めていく。西の魔女と生活していく間に、次第次第にまいは自分の考えで決めることになれていく。
 
 おばあちゃんとの生活の中で、自信を知り戻し自分を再発見していくまいの成長と、おばあちゃんとの永遠の別れを清々しく描いている。

 思春期の悩みに直面し、そこから抜け出そうと苦しんでいる子どもたちにぜひ紹介したい一冊だ。
[PR]

by taketombow | 2005-09-28 01:05 | 私の本棚から  

<< 鎌ヶ岳 御在所岳近辺登山の必須アイテム >>