鎌ヶ岳

d0054692_1741053.jpg

 大学時代の友人と久し振りに鎌ヶ岳へ行った。

学生時代、そして就職して暫くの間は、日本アルプスを始めとして何回か山行をともにした。だが、所帯を持ち仕事も多忙になるに連れて、一緒に行く機会も少なくなっていた。
 互いに年をとり、子どもも手が掛からなくなった。更に、仕事も自分の都合に合わせて段取りできるようになった。そんなわけで、数年前から時折山を一緒にするようになっている。
 今回は、三ツ口谷から鎌ヶ岳そして長石谷というコース。雨こそ降っていないが、どんよりとした曇り空で天気は芳しくない。鎌ヶ岳は私にとっては2年ぶりだ。更に三ツ口谷は私は初めてである。かなり手入れが為されており、大きく迷うことなく登頂できた。帰りの長石谷の方が分かり難い感じがした。

 帰路は、温泉は省略して名古屋駅前の寿司屋へ直行。これが公共交通機関登山の醍醐味である。
 今が旬の鰯や秋刀魚の刺身に舌鼓を打ち山行を反芻する。

私たちは、数年後に定年を迎える。
退職後はヒマラヤのトレッキングをしたいと思っている。ルクラからナムチェバザールを通るエヴェレスト街道を何日もかけて歩き、ヒマラヤの高峰を首が痛くなるまで仰ぎ見たいと思う。

 それまでの健康保持が当面の目標だ。
[PR]

by taketombow | 2005-10-01 12:04 | 私の山歩き  

<< 再び鎌ヶ岳 西の魔女が死んだ >>