Optimus 8R ガソリンストーブ

d0054692_1336560.jpg

 30年ほど前、就職して数年後に購入したものだ。山行をともにしていた友人達が次々と結婚し所帯をもつようになると、単独行が多くなった。今まで使用していた灯油兼用のホエーブスでは大きくて重すぎ荷が嵩張るため、以前から欲しかったものだった。
 部品は何度も交換し整備しているので、今だに現役だ。
しかし、出番は少ない。燃焼音が大きい、火力が小さい、煤が出る、使用後直ぐに冷めない、余熱が必要、重い等々、欠点だらけだが、時折思い出したように使っている。
 山奥の河原でゆったりとした時を過ごす。そのようなとき、このストーブで煎れたコーヒーは一際美味しく感じられる。
[PR]

by taketombow | 2005-10-16 13:36 | 私の山歩き  

<< これも現役 燃料ボトル 赤信号を渡る論理 >>