「錦秋」 鈴鹿は今全山秋色!!

千草越え  朝明渓谷~甲津畑バス停 (18km)
d0054692_14295469.jpg
今日はコクイ谷出合を目指す。

久し振りに裏道を通った。
コースは、裏道、国見峠、上水晶出合、コクイ谷出合。帰路はその逆、行程はいつもの倍となる。
この写真は、「兎の耳」の泊場でケータイからこのBLOGへ直接書き込んだときのもの。画像のタイムスタンプを見ると、9:35となっていた。コースの表示で6合目、標高800m付近から見事な紅葉は始まる。

d0054692_14313178.jpg

藤内尾根も紅に染まっている。
6合目以上は、紅葉のパノラマだ。
d0054692_14325577.jpg


上水晶谷を愛知川へと降りる。眼前に極彩色の世界が拡がる。
d0054692_14371551.jpg


コクイ谷に到着。
コクイ谷出合から、下流(上水晶谷方面)を望む。
d0054692_14573116.jpg

私が見たのは、紅葉の色は深く鮮やかで周囲は薄暗かった。なのに自動露出のせいか、意外に明るく薄い色に写っている。これも、ケータイでの撮影の限界かな。

コクイ谷出合からコクイ谷方面を望む。手前の流れが本流で、上流(杉峠方面)は右手になる。
d0054692_14493511.jpg

 以前は余り使われない道だったが、スカイライン開通後、「雨乞岳、杉峠」周遊のメインルートになった感がある。現在の雨乞岳登山は、武平峠に車を置いてピストンが一般的なようだ。ちょと足を伸ばす人で杉峠周遊コースを歩く。そのとき、このコクイ谷出合で一服する。
 反面、上水晶谷ルートはあまり歩かれなくなり寂れている。随所で小規模の崩壊を見かける。「国見峠~上水晶出合」の利用には細心の注意が必要だ。

河原でパーコレータの珈琲ができるのを待つ。周囲の小石を集め、スイスメタで温めてみた。
d0054692_14452636.jpg


再び、国見峠を越え、7合目付近で雨が降り出した。紅葉が一際鮮やかに映える。
d0054692_14591373.jpg

下山したら、湯の山温泉の暖かいお風呂が待っている。
[PR]

by taketombow | 2005-11-03 09:42 | 私の山歩き  

<< スパムメール 圧縮袋 >>