ウッドシャフト(木柄)のピッケル

d0054692_21511898.jpg

 これもまた、健在。
アイゼンと同時期に購入した国産のピッケルだ。ピックからブレードへの流れるラインが気に入っている。
 金属部分は常にサンドペーパーで磨いているし、シャフトもアマニ油での手入れは欠かさない。実に良い色をしている。30年以上も経過していれば、木製のシャフト部分は経年劣化していると思うので、命を賭けるようなシビアな場面での使用は控えている。
 しかし、雪山での杖代わりには重宝している。手になじむ木の感触は何ものにも代え難い。
[PR]

by taketombow | 2005-11-12 22:14 | 私の山歩き  

<< 雪山の必需品 なぜ校長は頭を下げたのか? >>