国籍を載せる意味

上昇気流なごや: ペルー人

毎日新聞(名古屋)の磯野さんが、彼のブログ「上昇気流なごや」で今回の広島での事件に触れている。子どもたちの登下校時の安全確保という観点以外にも、外国人労働者の置かれている生活・労働環境の実情など我々が考えさせられる問題は多い。
 今回の事件の報道に際して、私が注目していたのは、犯人の国籍を「見出し」でどう扱うかだった。結果的に私が読んだ4つの新聞の全てで、見出しに「ペルー人」という文字が躍っていた。
 犯人の国籍は私たちにとって(少なくとも私は)知りたい情報である。
しかし、見出しに大きくペルー国籍を載せることによって、どのような利益が出るのだろう。また、どのような不利益を生じさせるのだろうか。
 ただでさえ、外国人への偏見(特に欧米人以外への)が強い我が国である。
この「見出し」での扱いは、それを助長することにならないか、気がかりでならない。
[PR]

by taketombow | 2005-12-01 23:03 | ニースに接して  

<< こどもの安全を考える本3冊 南木曾岳 >>