また、子どもが殺された。母親に。

Excite エキサイト : 社会ニュース

愛知県尾張旭市で、また虐待死があった。5才の保育園児だった。

母親に腹を踏みつけられながら,内蔵が破裂する痛みを感じながら,この5才の男の子は何を感じ,何を見たのだろうか。

 聞けば,父親とも,母親とも血が繋がっていないという。

この子が引き取られたいきさつは?

実の親は?

転居してきたいきさつは?

児相の対応は確かに悪い。しかし,それを責めるだけでは何も解決しないし,前進しない。
私たちの社会の対応が問われている。今、自分は何ができるか。いつも、自問自答している。
[PR]

by taketombow | 2005-12-09 02:06 | ニースに接して  

<< 山の小物 ラッセルリング 児童文学の中の障害者 >>