五月晴れの休日は?

石楠花は一房だけでも、ブーケになる。
d0054692_20462644.jpg


蕾の時は色が濃い。この色も好きだ。
d0054692_20464546.jpg


 「五月晴れの休日は鈴鹿へ行こう!」
そう、企んでいて、やっと晴れた日曜日なのに何か変だ。
5時半と6時に目覚ましが鳴ったのに、起きたくない。カーテンの隙間から青空が覗いているのに、何か胸がときめかない。昨夜寝る前に用具の点検もしたのに、山へ行きたいという意欲がおきない。
 結局8時頃まで布団の中でゴロゴロしていた。意を決して起き出して窓を開けたら、見事な青空。さすがにこの威力には抗し切れず、東名阪道をひたすら西へ走った。

このごろ疲れ易く体調も万全ではないので、歩行距離を短くするため武平からコクイ谷の往復、そして鎌の稜線のシロヤシオという計画をたてた。

久しぶりの好天、シロヤシオの花期と重なり、凄い人出だ。蒼滝トンネル付近は駐車場は勿論のこと、路上まで登山の人の車でぎっしりだ。旧料金所付近、御在所山の家付近、三口谷取り付き、武平峠付近もそうだった。何とか峠の手前駐車場に一台分のスペースを見つけ路上駐車は免れることができた。

 雨乞岳まで足を勧める人はぐっと少なくなるので、コクイ谷までは自分のペースで歩ける。

途中、咲きかけた石楠花や終わり間際のアカヤシオを撮りながら、コクイ谷へ進む。

新緑のコクイ谷出合 上水晶谷方面を望む
d0054692_21173717.jpg


日当たりの良いコクイ谷出合で、冷凍うどんを作り、パーコレーターでコーヒーを入れながらボーッとしていたら釣り人がやってきた。
 炒れ立てのコーヒーを勧めながらいろいろ話している内に、もうヤマシャクヤクやシロヤシオなんかどうでも良くなってしまう出来事が起こり、急遽家へ帰ることにした。

勿論事故や事件の類ではない。

なぜそんな気持ちになってしまったのかは、次のエントリーで
[PR]

by taketombow | 2006-05-21 21:18 | 私の山歩き  

<< 夢にまで見た「アマゴの塩焼」 子どもの安全を守るには >>