「たかがカゼ!」と考えていたが

 とにかく参った。

肺の奥からのいやーな咳が止まらない。体がだるい。痰が出る。疲れやすい。頭が痛い。かかりつけの医者に行くといつもの薬。PL顆粒と咳止め剤と感染症対策の抗生物質。普段ならそれを飲みきらないうちに治る。しかし、一向に回復しない。週末の二日間寝ていたせいか、週初めは何とか持った。水曜からは、休むわけにはいかないので、午後から有休を取ったり、定時退勤したりして体力の回復を図ったが芳しくない。

念のためと体温を測ってみたら、8度を超えていた。

道理で、酒も飲みたくならないはずだ。

病院へ行くのさえ面倒なくらい体を動かすのが億劫だったが、週末の休日が不安だったので金曜の夜、かかりつけの医院へ行って再び診て貰った。
血液検査をしてもらったら、白血球数とCRP値が飛び抜けた数値。肝機能関連の数値の軒並み高く、尿の色はウーロン茶色。

レントゲン画像にも何やら気になる陰があり、全てが急性の炎症を伴う病気を示している。

「急性肺炎」とのこと。

早速、点滴。土曜日にも点滴。日曜日にも点滴。

何とか熱も下がって頭痛は治まった。


体は人一倍丈夫だとは思っていた。しかし、熱があるにも気がつかないというのにも困ったものだ。
 24日の土曜日などは、梅雨の晴れ間の好天だった。体の調子を知らなかったら、そこら辺の山へ行っていたかも知れない。

「多少の風邪は運動で治す!」

等と強がりを言って、その挙げ句ど゜こかの谷でぶっ倒れていただろう。

体調管理は自分だけでなく周囲への責任でもあるとしみじみ感じた。

そう言いながら、明日もまた懇親会がある。

これも立場上欠席できない。大事な付き合いというか、コミュニケーション(情報交換)でもあるのだ。自分の体調をコントロールしながら、酒を飲む。これは、楽しみ、苦行等という次元のものではなく、一つの戦いのような気さえしてくる。

戦略を立てなくては。
[PR]

by taketombow | 2006-06-27 22:02 | 雑感  

<< ココシリ 断酒と夏風邪 >>