名鉄の登山バス

 名古屋市及びその近郊の方にしか役立たない情報だが。
名鉄(名古屋鉄道)は名古屋発着の登山バスを運行している。これがかなり使える。
名鉄パル上高地ライナー
d0054692_952474.jpg
名古屋発(22:30) 新穂高着(6:30) 上高地着(5:45)
現地滞在時間は 9:30
上高地発(15:00)名古屋着(20:00)
で往復10,000円







名鉄パル立山黒部アルペンライナー
d0054692_953145.jpg
名古屋発(22:00)室堂着(7:20)
現地滞在時間は 7:30
室堂発(15:00)名古屋着(21:30)
で往復11,500円








 上高地ライナーでは、新穂高温泉から新穂高ロープウェイを利用し、独標まで行って上高地へ降り一風呂浴びてから帰宅というコース設定が可能だし、立山黒部ライナーは、室堂まで乗り換えなしで直接行けるので、室堂~一ノ越し~雄山~大汝山~別山~室堂を日帰りというコースも射程圏内になる。
 何よりも帰路の運転を気にしなくて済むのが良い。安心して飲める。

欠点は車両が普通の観光バスなので、往路の夜行が寝にくいことと、予約制なので、天候の急変に対応できないことである。つまり当日キャンセルが効かない。予約したら雨天でも出発することになる。

上高地ライナーは2度利用したが、一度は雨の中を上高地散策のみ、二度目は小雨と濃霧で独標を諦め西穂山荘から直接上高地へ降りた。

 それらのことをわきまえた上で利用すればかなり便利だと思う。
[PR]

by taketombow | 2006-07-02 09:58 | 私の山歩き  

<< 立山夜行日帰り ココシリ >>