第5回 ヒメボタルサミット in 愛知 終わる

 愛知ホタルの会総会が6月に開催された関係で、開催時期を3ヶ月遅らせての開催となった。
会場は市立名古屋科学館サイエンスホール、名古屋市科学館との共催だ。愛知県も後援ということで支援してくださっている。

情宣の機会も少なく、有料入場(入館者向けの催事)となったので参加者の急減が心配されていたが、蓋をあけてみたら、通算81名の参加者があった。この種の催事としてはまずまずの数字だ。
d0054692_1781738.jpg

来賓として挨拶を頂いた愛知県環境部課長 小田氏

 何よりもうれしかったのは、参加者が途中で減らなかったこと。講演や発表の後に活発な質疑が行われたことだ。
d0054692_1784470.jpg
講演を頂いた八木氏

 動物写真家の小原玲氏からは、氏が主導して進めた相生山ヒメボタル幼虫調査の報告と、高画質ムービーの披露があった。調査報告はともかく、高画質ムービーはあの価値が分かった人は会場でも少なかったのではないかと思う。
 高感度のデジカメで連写し、それを何百枚もつなぎ合わせて動画にしたものだ。僅か7秒足らずの動画の裏には、何十時間というPCによる画像処理の手間が掛かっていたのだ。
動物写真家小原玲のブログ
小原玲公式HP

 また、来年に向けての活動がスタートする。
その前に、講演、発表のテープ起こしと報告書作成の仕事もある。涼しくなる前にできると良いのだが・・。

 
[PR]

by taketombow | 2006-08-24 13:37 | 雑感  

<< いじめ自殺 オートミール >>