対人援助職の心の健康

 愛知県西尾市で、妻の自殺を止めようとした夫が、誤って刺されて死んだ。
妻は児童相談所の相談係、対人援助職だったという。

質・量ともに想像を絶する問題を抱えた、子ども達と保護者。連日、それらと向き合う仕事だった。それらに正面から向き合う間に、自分自身の問題として心の中に抱え込んでしまったのだろうか。

自ら命を絶とうとした妻、身体を張って止めようとした夫。
心ならずも、自分でなく愛する夫の命を奪ってしまった。

この妻は、この先どんな思いで生きていくのだろうか。果たして、心の平衡を保っていられるのだろうか。

なんとも辛く、重く、暗い話題だ。

ストレス社会で生きている私たちは、ストレス解消を意識的に行わないと、心の平衡さえも保てなくなる。

こんな本も最近出版されたばかりだった。
対人援助職のメンタルケア―看護師、心理士、教員などとその家族のために

「まず、あなたが幸せでなければ」 簡単だけど難しいことだ。自分も、周囲も意識の下で”自己犠牲”を要求してしまう風潮がある。

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]

by taketombow | 2006-08-26 22:00 | ニースに接して  

<< 「いじめ」問題再考 いじめ自殺 >>