教えてあげない!!

 昨夜、仕事の打ち上げで久しぶりに「栄」へ行った。

昨夜のメインは勿論「打ち上げ」だが、私にはその他に2つ目的があった。

 一つは山道具店で「マップポインター」を買うこと。マップポインターというのは、いわば、GPS用の定規だ。これと2万5千分の一の地図とGPSがあれば、GPS電波が受信できるところなら何処でも、現在位置が分かる。今まで数回買いに来たのだがいつも品切れで買うことができなかった。これは、会の始まる前に首尾良く買うことができた。

 もう一つはある焼酎バーを探すことだ。

mixiへの書き込みと経営者のblogを見て興味を持った。

 豊富な焼酎の品揃えと野菜料理が自慢だという。焼酎の品揃えは結構何処にでもあるが、野菜料理を自慢にするところはどんなところかなと興味を持ったわけだ。皆と別れてから、グルメの同僚を連れて店へ向かった。
 その店は、栄(住吉町)のとあるビルの地下にある。店の戸を開けてもカラオケの大音量が響くわけでもないし、女性の嬌声が聞こえるわけでもない。年配のサラリーマン風の客がカウンターで静かに酒を飲んでいる。大声で話す客もなく、静かにゆったりと時が流れている。何よりも好ましいのは、客を必ず名前で呼ぶことだ。
 切り盛りしているのは二人の女性。客が彼女らを呼ぶときも名前で呼ぶ。勿論「ママさん」なんて呼ぶのは、私のような一見の客だけだ。
 料理は里芋を食べたかったが、もう品切れということで、ギンナンとおでんとざるうどんを食べた。おでんは味がしっかりしみ込んで美味しかった。だが、「文化麺類学」の権威(?)の私としては、ざるうどんをお勧めしたい。麺に徳島県産の玄米粉を80パーセント混ぜ込んであるとかで、麺の表面は柔らかく口に入れて噛むと芯に腰がある。これだけを目当てに行ったとしても大きく得をした気分になれるはずだ。

 バカ騒ぎ、大騒ぎ、気遣いは若い奴らに任せておこう。料理に舌鼓を打ちながら一人静かに酒を味わう。そう言う飲み方をしたい店だ。

 ごく親しい仲間には自慢したいが。あまり人には教えたくない。良さの分からん奴らに荒らされて堪るか!

 夢みたいな店
[PR]

by taketombow | 2006-11-19 22:08 | 雑感  

<< 里の秋 快晴→山時雨→霙→吹雪 >>