里の秋

d0054692_13215270.jpg

d0054692_13221039.jpg

 昨日、勤労感謝の日、勤務先の地域で行われた「歩け歩け運動」に参加した。山頂から始まった紅葉は、ようやく里まで降りてきて、紅葉真っ盛りだ。
 小幡緑地公園と野鳥の森の中、落ち葉を踏みしめ山鳥の囀りを耳にしながら6キロほどの道のりを1時間半かけて歩く。やや肌寒いほどの気温だったが、歩き始めるほどに体が温かくなり、軽く汗ばむほどだった。

 今、人里は秋だ。



秋と言えばこの歌

里の秋
 斎藤信夫作詞・海沼実作曲


静かな静かな 里の秋
お背戸に木の実の 落ちる夜は
ああ 母さんとただ二人
栗の実 煮てます いろりばた


明るい明るい 星の空
鳴き鳴き夜鴨(よがも)の 渡る夜は
ああ 父さんのあの笑顔
栗の実 食べては 思い出す


さよならさよなら 椰子(やし)の島
お舟にゆられて 帰られる
ああ 父さんよ御無事(ごぶじ)でと
今夜も 母さんと 祈ります

 敗戦の年、昭和20年12月24日、午後1時45分からNHKラジオで,「外地引揚同胞激励の午后」という番組を放送した。戦地から復員してくる将兵を励ますためのものだった。
 番組のなかで川田正子が歌った新曲がこれだ。戦災で荒廃した国土にそのメロディが流れた。少女の歌声にたくさんの人々は思わず聴きいり,歌い終わるや否やリクエストが殺到し、番組中にもう一度歌ったという。
 故国、家族との再会を夢見て復員船に乗り込む父親、その無事な帰還を待ちわびる家族の心情を見事に表現している。
 時代が過ぎ、復員、引き揚げ、敗戦等の言葉が、次第に現実味を失うにつれて、3番の歌詞は歌われなくなってきている。

 この歌は、大東亜戦争勃発の日、斎藤信夫が作詞(曲は付けられなかった)した「星月夜」が元となっている。

「星月夜」の3番、4番の歌詞は以下の通りだ。その時代の世相を映し出している。


きれいなきれいな椰子の島
しっかり護って下さいと
ああ父さんのご武運を
今夜も一人で祈ります


大きく大きくなったなら
兵隊さんだようれしいな
ねえ母さんよ僕だって
必ずお国を護ります


開戦、終戦、そして今、この歌は姿を変えて、私たちの心を癒している。
「星月夜」の3番、4番、そして「里の秋」の3番が必要な世の中にならないことを願いたい。
[PR]

by taketombow | 2006-11-24 17:10 | 雑感  

<< 三峰山(みうねやま) 教えてあげない!! >>