三峰山(みうねやま)

 奈良・三重県境にある樹氷で有名な三峰山(みうねやま)へ行ってきた。
もちろん、樹氷の季節にはまだ早い。

無雪期の山の様子を掴んでおくためだ。

友人の車で名古屋を6時に出発。東名阪・名阪国道をひたすら走り、上野ICで降りて国道367号をひたすら南下する。名張市を過ぎ369号へ分岐したら、登山口となる御杖青少年旅行村はすぐだった。御杖村に入ってから道路は急に狭くなる。対向車が大きな車だと広いところで早めに待っていた方がすれ違いはスムーズに行く。

 空模様は余り良くないが何とか持ちそうなので、旅行村の手前に車を停めて出発。往きは不動の滝コースから三峰峠を経て山頂へ、帰りは八丁平から登尾コースで登山口まで。
 往復で数時間の軽いコース。岩場、ガレ場等の難所もない。よく整備されていて道も迷いにくい。

不動の滝
d0054692_21364055.jpg



山頂から奈良県方面を望む
d0054692_2137425.jpg

樹氷の季節はこのようになる
d0054692_21461835.jpg



八丁平(冬期は見事な樹氷に覆われる)
d0054692_21465226.jpg


年が明けて、樹氷の季節になったら、友と再び訪れるつもりだ。


帰路に立ち寄った道の駅で珍しい大きな豆を見つけたので買った。ナタマメと言うのだそうだ。皿からはみ出そうな豆だ。
d0054692_2243291.jpg


これだけで、150円だった。調理法は、勿論知らない。
さやは固くて大きい。包丁で傷をつけさやをを剥いたら、インゲン豆程度の大きさの豆が、全部で20粒だけ入っていた。カミさんが作った煮物に混ぜて食べてみた。食感はやや固ゆでの大豆といった感じだ。

 特に、不味くはないが・・・・。
[PR]

by taketombow | 2006-12-03 08:27 | 私の山歩き  

<< 減らない「児童虐待」 里の秋 >>