ATOK「日本語テスト」

 ワープロソフト「一太郎」、日本語変換ソフト「ATOK」で有名な JustSystems が「第2回日本語テスト」という面白い試みをWEB上で実施している。
 日本語に関する問題 30 問のすべてについて、選択肢から解答をひとつだけ選びだすもの。

 それなりに自信はあったのだが、かなり難しい。私の得点は79点。80点以上を目指したのだが、及ばなかった。一番悪かったのは「語彙力」だった。

みなさんも、挑戦してみたら如何だろう。
意外な新しい発見が有るかも知れない。

サイトはここ
ATOK & 一太郎 presents 第二回全国一斉!日本語テスト

期間は2月28日までだ。

同じサイトに、第一回の問題も載っている。こちらは更に難しく、私の得点は56点。
一番悪かったのは、第二回と同様に「語彙力」だった。

「言葉を知らなすぎる!」

我が身を振り返ってみても、何となく分かるような気がする。

あっ、ところで

「喧しい」  は、 「かますびしい」 だったっけ?それとも、

「かまつびしい」 だったけなあ?
[PR]

by taketombow | 2007-01-27 11:09 | 雑感  

<< 児童虐待の相談先(虐待・被虐待... 「サンショウウオ」? >>