カブトエビ

d0054692_1628462.jpg

d0054692_1638127.jpg

田植えが終わった田んぼに、カブトエビが戻ってきた。
土の中で休眠していた耐久卵から、10ヶ月振りに甦ったのだ。
多数の足をせわしなく小刻みに動かし、せかせか泳ぎ回っている。小さな体のどこにあのエネルギーが蓄えられているのだろうか。

カブトエビ(東京農大農学部WEBより引用)
足動物門 甲殻類 ミジンコ亜鋼 カブトエビ目 カブトエビ科 カブトエビ属
北海道、沖縄を除いた本州全域に、5月~6月の田植えの終わる頃から、発生し1~2ヶ月後長期間の乾燥に耐える卵 (耐久卵) を大量に産み、姿を消す。農薬を入れると死んでしまうため、生息していると無農薬の証となる。さらに、指標生物でもあるので、生息していると水がきれいな証ともなる。
えさ 雑食性でボウフラや雑草などをよく食べる。
カブトエビは約2億年前からほとんど姿を変えずに生き続けていることから、「生きた化石」とも言われる。


ここは Japanese animal blog ですか ^^;【追記あり】

YouTubeにあるカブトエビの動画
[PR]

by taketombow | 2007-06-14 20:39 | 雑感  

<< 地下鉄駅で気になること 風が運ぶもの >>