地下鉄駅で気になること

 朝の通勤時、何となく気になることがある。

毎朝、地下鉄の改札を出てからコンコースを数十メートル歩いて階段へと向かうのだが、そのとき20~30才前半らしき若い男性とすれ違う。

その男性が気になって仕方がない。

頭は今の若者風のヘアースタイルだが、とくにボサボサという訳でもない。カラーシャツにネクタイをピシッと締めている。ひげもなく比較的清潔な感じで、ズボン(今は「パンツ」と言うのかな?)はややラフな感じだ。

私が気になるのは、そのカラーシャツの裾である。

裾の長さは尻が隠れるか隠れないか程度で、いつも出したまませかせかと早足で改札へと歩いていく。

最近の若者ファッションでは、シャツを出すことが当たり前になっていることは承知している。しかし、ネクタイとの組み合わせは見たことがない。シャツの裾を出し堂々と歩いているので、これも最新のファッションなのだろうか。

それとも、車内で化粧をする女性のように、地下鉄に乗り込んでからシャツの裾を入れるのだろうか。
入れるとしたら、何処の辺りでどのようなタイミングでそれを実行するのだろうか。

このことが気になって、最近は夜も眠れない。(笑)

6月16日に入手した本
平等社会フィンランドが育む未来型学力 ヘイッキ・マキパー・著 明石書店・刊 1800+TAX円
いじめの構造 森口朗・著 新潮社・刊 680+TAX円
思春期臨床の考え方・すすめ方 鍋田恭孝・著 金剛出版・刊 3800+TAX円
放課後の居場所を考える 学童保育と「放課後子どもプラン」 下浦忠治・著 岩波書店・刊 480+TAX円
セミたちと温暖化 日高敏隆・著 新潮社・刊 1300と+TAX円
オリュンポス上 ダン・シモンズ・著 早川書房・刊 2200+TAX円
オリュンポス下 ダン・シモンズ・著 早川書房・刊 2200+TAX円
待ち望まれし者上 キャスリン・マゴーワン・著 ソフトバンク・クリエイティブ・刊 1500+TAX円
待ち望まれし者下 キャスリン・マゴーワン・著 ソフトバンク・クリエイティブ・刊 1500+TAX円
[PR]

by taketombow | 2007-06-16 15:12 | 雑感  

<< 万歩計 カブトエビ >>