「台風一過」絶好の山日和

朝起きたら、真っ青な空。

御在所岳の山上で生ビールを飲んだら旨いだろうな!
ただそれだけが目当てで家を出た。

 必要最小限の装備(雨具、携帯電話、ヘッドランプ、救急用具、非常食、レーション、スポーツドリンクといったもの)は持ったが、土鍋、こんろ、コッフェル、水、パーコレーター、コーヒー、昼食といった私の定番装備は持たない。大いに汗をかいたあと、山上レストランのジョッキでグイッと飲ればいい。昼食もそこで一緒にラーメンかうどんを食べるつもりだった。

 途中、負バレ岩辺りから、エゾハルゼミの鳴き声が賑やかになってきた。これは携帯で撮った動画だが、41秒辺りからはっきりと鳴き声が分かる。

自宅を出てバス停へ向かったのが6時、登山口到着が9時、生ビールを飲み終えて下山を開始したのが11時、登山口へ戻ったのが12時、近鉄湯の山温泉行きのバスが13時、帰宅したのは15時を少し過ぎた頃だ。
d0054692_19511125.jpg


 帰宅してから万歩計を見たらこの通り。少なくともカウントだけで言えば、平日に職場で仕事をしているときの方が多い。
 心地よい汗と爽快感の量は比べものにならないが。
[PR]

by taketombow | 2007-07-16 19:51 | 私の山歩き  

<< おッ!「気合いが入っとる!」 カブトエビ その2 >>