おッ!「気合いが入っとる!」

おッ!「気合いが入っとる!」と感じた小ネタを二つ。

1 余程、タバコを吸いたいんだろうなあ。

  先日、国道302号を走っていたときのこと。隣の車線を赤い軽自動車が併走していた。後ガラスには、「Baby in Car」の文字が入った動くアクセサリーがユラユラと揺れていた。ドライバーは若い女性。助手席にはベビーキャリアに乳児が寝ている。

 ここまではよく見る光景だ。

 次の瞬間、運転席側の窓ガラスがするすると下がった。ドライバーの右手にはスリムタイプのタバコ。

 勿論火が付いている。

 窓を開ければ、タバコの煙は外へ出て行くと思っているのだろうか。

2 救急車とカーチェイスしているのか?

 先週の金曜日。職場を出るのが少し遅くなった。
 いつもは地下鉄駅まで歩く。
 たったのバス停1つ分だが、その日は、それさえ歩くのも億劫な気分だったので、市バスに乗るため表通りへ出た。都市高速高架下にある片側3車線のかなり交通量が多い幹線道路だ。家路を急ぐ車が、結構飛ばして走っている。多分時速60キロ以上は出ているだろう。
 そこへ救急車が独特のサイレンを鳴らしてやってきた。これもかなり速い。他の車よりもやや速い速度だ。

 ここまでは、よく見る光景だ。(ここからが違う)

 と、そこへ一台の黒い乗用車が車の間を縫うようにしてグングンと近づいて来た。
そして次の瞬間、その車は救急車を抜き彼方へと走り去った。

 一般的な感覚では、救急車を追い抜くなんて考えられないことだ。
 疾走する救急車よりも、慌てている用事とは、一体何だっただろうか?
[PR]

by taketombow | 2007-07-21 18:16 | 雑感  

<< 震災と障碍者(知的・情緒障害者... 「台風一過」絶好の山日和 >>