結局、歩き通してしまった。

 8月14日へと日付が変わった後、家を出た。中央道をゆっくり走り、仙流荘の登山者用駐車場へ午前3時過ぎ着いた。直ぐに寝ようとしたのだがたまたま点けた深夜のラジオが加藤和彦の特集をやっており、つい聴き入ってしまったため、寝不足。
 うとうととしただけのまま、北沢峠行きの登山バス始発に乗車した。

 今日は、仙丈小屋までの尾根道を辿る。馬鹿(仙塩)尾根縦走の始まりだ。

d0054692_2144837.jpg
これが南アルプス北部の概念図。
(サイト「山の交差点」より拝借したもの。現在使用許可申請中)

天気は極めて安定し、抜けるような青空だ。寝不足の身体に、尾根道の急登は堪える。でも、それ以上に眼前に拡がる光景が見事だ。

d0054692_21464483.jpg
大滝ノ頭付近から見た北岳。北岳の右に富士山が見える。
d0054692_0314100.jpg
こちらは、甲斐駒ヶ岳。
d0054692_13514378.jpg
同所からの鳳凰三山。地蔵岳のオベリスクがはっきり見える。手前はアサヨ峰
d0054692_21104299.jpg

小仙丈岳の山頂。仙丈、小仙丈は日帰り圏内なので、人が多い。

第一日目は、「馬の背ヒュッテ」の予定を変更し仙丈小屋へ泊まった。小屋から100メートルほど下の水場は殆ど枯れかかっていて、ちょろちょろとした出てない。しかし、手に沁みるほど冷たい。夜も好天。満天の星。伊那の市街地の灯りが彼方に見えた。


第2日。午前6時出発。30分足らずで仙丈岳頂上へ着く。
さあ、いよいよ今日は馬鹿尾根(仙塩尾根)へ足を踏み入れる日だ。
仙丈岳頂上からは、本州中央部の主要な山の全てが見えた。
d0054692_19433119.jpg

d0054692_1919297.jpg
d0054692_19194335.jpg
d0054692_1920026.jpg
真ん中に見えるのが八ヶ岳。主峰の赤岳が一際高く聳え目立つ。
d0054692_19204076.jpg

d0054692_19271853.jpg


稜線上の「高望池」は連日の好天で干上がっていた。しかし、約50メートルほど下った水場では、冷たくおいしい水が湧いていた。
d0054692_19311411.jpg


「野呂川越」 今日の縦走はここで終わりだ。今日の宿「両俣小屋」へと30分ほど急峻な道を下っていく。それにしても、重要なポイントなのになんてあっけない道標だろうか。
d0054692_1950457.jpg


第3日 両俣小屋午前5時出発。予定を変更して、馬鹿尾根(仙塩尾根)を歩き切ってしまうことにする。理由は簡単。天候が安定していることと、大仙丈のガレ場の存在だ。大仙丈からはガレ場の急な下りが長く続いていた。これは予想以上だった。往路を引き返すとなると、そこを再び登り返すことになる。疲れ切った身体で、ガレ場の急登を再び歩きたくない。
d0054692_20201423.jpg
シラビソの原生林が延々と続く。野呂川越以降出合った登山者は二人だけだった。それと、熊ノ平小屋の負荷が4人。彼らは、両俣小屋を経由して林道から荷を運ぶ。

d0054692_20362769.jpg
谷を隔てて中白根が見える。昼過ぎにはあの山頂に立っているはずだ。
d0054692_20364326.jpg
振り返ると仙丈岳が遙か彼方に見える。あの山からの稜線を歩いてきたのだ。
d0054692_2037057.jpg
北岳。ここからは中白根より低く見える。
d0054692_20375633.jpg
塩見岳への分岐点三峯岳が近くなって来た頃、登山道は森林限界を抜け視界は一気に広がる。
d0054692_20372920.jpg
仙丈岳は雲に隠れつつある。歩いてきた登山道が遙かに続く。
d0054692_20404370.jpg
北岳塩見岳への縦走路との分岐点、三峯岳の山頂直下。
d0054692_21125468.jpg
中白根の稜線がすぐそこまで迫ってくる。
d0054692_21131791.jpg
もうすぐ中白根岳
d0054692_21133338.jpg

d0054692_21141889.jpg
仙丈岳まで延々と続く馬鹿尾根(仙塩尾根)。一度歩いてみたかっただけだ。体力次第だが、再びここを歩くことは無いかもしれない。
d0054692_21252427.jpg
間の岳と三峰岳を結ぶ稜線で雷鳥の親子を見かけた。
d0054692_7475822.jpg
農鳥岳も直ぐそこに見える。

3日目は北岳山荘。施設は良いのだけど・・・。臭い。

4日目の朝。午前4時起床。下山するだけなので、そんなに早く起きる必要はないのだが、午前3時頃から周囲がゴソゴソし始めてとても寝ていられない。極め付けは、隣の部屋から聞こえてきた電気カミソリの音。”今の若者は!!”と言うけれど、今のおじさん達も相当に変だ!
d0054692_21315448.jpg
北岳山荘の夜明け。テント場から山頂へと人は向かう。背後に黒く見えるのが北岳山頂だ。
d0054692_2136515.jpg
富士山がシルエットで浮かび上がる。

 今回の北岳はあくまでも「おまけ」で「来ただけ」だ。山頂をトラバースして、「八本歯のコル」経由で広河原へ降りた。後は登山バスで北沢峠、仙流荘へと戻る。

撮影は全てDoCoMoの携帯SH902iだ。便利だが撮影時以外はこまめに電源を切っているのだが、流石に4日間は電池が持たない。そろそろデジカメの購入を考える潮時かな。

似たような時期に
kimukimuさんは表銀座を歩いていた。
燕・大天井・槍ヶ岳縦走
junkjewelさんは北岳を歩いていた。
Yam!Yam!登山 -キター!北岳Part2 流星群に願いを・・・ 8/12.13
ういうい さん は 燕か?
2007 夏 縦走
[PR]

by taketombow | 2007-08-19 00:31 | 私の山歩き  

<< 大臣は単なる飾りなのか? いよいよ、馬鹿尾根へ。 >>