朝日新聞の報道に注目しよう

Excite エキサイト : 社会ニュース
男3人を死体遺棄容疑で逮捕 名古屋の女性拉致殺害事件
どまつりの影で……。
[犯罪サイト殺人]訳のわからぬ凶行(追記あり) 

また痛ましい事件が起きた。謹んで被害者のご冥福をお祈りしたい。

この報道では、以後二つの点に注目したい。

1 犯人の一人朝日新聞勧誘員の職業を朝日はどう扱うか。

 1年前に飲酒死亡事故を起こした福岡市の職員は、「福岡市職員」懲戒免職になった後は「元福岡市職員」、朝鮮総連事件の公安調査庁長官は「元公安調査庁長官」、この法則で行けば今は「朝日新聞勧誘員」で、もうすぐ「元朝日新聞勧誘員」となる筈だが・・・・・。
 さすがは大新聞、自分に都合の悪いことを書くわけがない。誤報、名誉毀損等が有った場合の対処を含めて、この新聞の報道姿勢を確かめる好機だ。

2 被害者を批判し更に死者にむち打つ報道が出ないか。

  拉致の被害にあった場所は、名古屋東部の住宅街である。時間も午後10時頃と聞いている。特に、遅いわけでもも人通りが極端に少ない危ない道を歩いていたわけではない。
 しかし、このような事件の度に、あたかも被害者にも落ち度があったかのような報道が為される。興味本位で被害者のプライバシーを暴き、これ以上死者にむち打ってはならない。

 最も悪いのは犯人である。そのことを忘れてはならない。
 そして、治安を守り市民の安全を担保すべきは警察なのだ。
 批判するのなら、犯人を批判すべきだ。次に、私たち市民の安全を守れなかった警察を批判すべきなのだ。私たちは護身用に拳銃を持つことは許されていない。その代わりに警察が街の治安を守ることになっている筈だ。
[PR]

by taketombow | 2007-08-26 20:36 | ニースに接して  

<< 色素増感型太陽電池 福岡「殺人教師」事件その後 >>