永源寺第二ダム計画中止が確定

先のエントリー「愛知川 2007夏」で触れた表題のダムについて、最高裁は国側の上告を棄却した。
今、ラジオのニュースが報じている。
これで、ダム計画は白紙に戻った。
愛知川上流の自然は守られることとなった。
少なくとも私が生きている間は、毎年愛知川の遡行を楽しめるようだ。
良かった、良かった。
 ダムなどの公共事業を巡る訴訟で、国側が敗訴したのは極めて珍しいことであり、熊本県の川辺川ダム以来、2例目だ。

ネット上のニュースは早晩消えてしまうので、ここに共同通信の記事を引用する。
多くの新聞社は共同通信から配信された原稿をそのまま掲載しているので、見出しが違うだけで内容は同一だ。

 滋賀県東近江市(旧永源寺町)に農水省が計画している「永源寺第2ダム」をめぐり、「事業は不必要」とする異議申し立てを退けたのは違法として、地元住民が決定取り消しを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(甲斐中辰夫裁判長)は11日、国の上告を受理しない決定をした。違法性を認め、国の逆転敗訴とした2審大阪高裁判決が確定した。
 ダム事業をめぐり、国敗訴が確定した訴訟には、熊本県の「川辺川利水訴訟」のケースがある。国はあらためて大型公共工事の在り方の見直しを迫られそうだ。
 高裁判決によると、農水省は1994年、かんがい用水不足に対処する土地改良事業として、ボーリングによる建設予定地の地質調査などをしないまま、同ダムの建設を決定した。
 住民らは、環境破壊につながるとして計画に異議を申し立てたが、農相に棄却されたため提訴。


ダム計画は違法 最高裁、上告受理せず(共同通信)
永源寺第2ダム計画、国側敗訴確定 最高裁(朝日新聞)
ダム不要申し立て却下は違法 最高裁、国の上告受理せず(中日新聞)


10月14日に入手した本
【検証 地方分権時代の教育改革】教育改革を評価する 犬山市教育委員会の挑戦 苅谷剛彦 安藤理 内田良 清水睦美 他 著 岩波書店・刊 480+TAX円
子どものメンタルヘルスがわかる本 わが子のことが気になりはじめた親のためのガイドブック スティーブン・V.ファラオーネ・著 田中康雄・刊 豊田英子・訳 明石書店・刊 2,800+TAX円
昭和の子ども生活史 深谷昌志・著 黎明書房・刊 7500+TAX円
児童福祉施設・保育所 子どもの危機対応マニュアル 浅井春男・監 建帛社・刊 1,200+TAX円
里山の一日 秋の日 今森光彦・著 アリス館・刊 1,400+TAX
雷博士が教える 雷から身を守る秘訣 北川信一郎・著 本の泉社・刊 952+TAX円
おもしろサイエンス 蚊の科学 荒木修・著 日刊工業新聞社・刊 1,500+TAX円
ほっこり鍋 萩原悦子・著 ソニーマガジンズ・刊 1,400+TAX円
無料・無断で使える著作権ガイド 富樫康明・著 日本地域社会研究所・刊 2,000+TAX円
本を売る現場でなにが起こっているのか!?編集の学校/文章の学校・監 雷鳥社・刊 1,500+TAX円
遭難者を救助せよ! 富山県警山岳救助隊 極限の任務に立ち向かう男たち 細井勝・著 PHP研究所・刊 1,600+TAX円
歴代首相の言語力を診断する 東照二・著 研究社・刊 1,400+TAX円
愛国心を考える テッサ・モーリス-スズキ・著 岩波書店・刊 480+TAX円
にんげん百物語 誰も知らないからだの不思議 福井栄一・著 技報堂出版・刊 2200+TAX円
札幌殺人夜曲 梓林太郎・著 徳間書店・刊 552+TAX円
津軽殺人事件 内田康夫・著 徳間書店・刊 590+TAX円
[PR]

by taketombow | 2007-10-12 00:10 | ニースに接して  

<< 「山の友に」 「激しい風雨の御在所岳」を覚悟... >>