狂い咲き? それとも種類?

 職場の応接室に桜の花が活けてあった。
d0054692_14332643.jpg
聞くと、毎年敷地内の1本が咲くのだそうだ。今日大切な来客があるというので、職員が飾ってくれた。この時期の開花は、狂い咲きなのか、そのような種類なのかは分からない。花は八重で、色は白と薄紅色とが混ざっている。紅葉と桜の花の取り合わせが何とも言えず風流だ。

 何れにせよ、そのようなさりげない心遣いが嬉しい。

11月23日(金)に入手した本

図表でみる 世界の年金 公的年金政策の国際比較 OECD・編/著 栗林世・監訳 連合総合生活開発研究所・訳 明石書店・刊 2,800+TAX円
学校図書館の光と影 司書教諭を目指すあなたへ 坂田仰/川内祥子/黒川雅子・編/著 八千代出版・刊 2,500+TAX円
教室の環境と学習効率 村上周三/伊藤一秀/ポール・ワルゴッサキ・著 建築資料研究社・刊 2,800+TAX円
量子暗号 絶対に盗聴されない暗号をつくる 石井茂・著 日経BP社・刊 1,800+TAX円
犯行現場の作り方 安井俊夫・著 メディアファクトリー・刊 1,200+TAX円
ご立派すぎて 鈴木輝一郎・著 講談社・刊 467+TAX円
極東細菌テロを爆砕せよ 上 クライブ・カッスラー・著 中山善之・訳 新潮社・刊
 667+TAX円
極東細菌テロを爆砕せよ 下 クライブ・カッスラー・著 中山善之・訳 新潮社・刊
 667+TAX円

猟犬の日 三宅彰・著 幻冬舎・刊 1,700 +TAX円
あなたの会社の評判を守る法 久新大司郎・著 講談社・刊 740+TAX円
[PR]

by taketombow | 2007-11-23 14:33 | 雑感  

<< 「ミッドナイトイーグル」試写会 訓練ではなかった。 >>