「色素増感型太陽電池」実用化へ一歩近づく

 先のエントリー「色素増感型太陽電池」で触れた、新型太陽電池に新たな進歩があった。

ネットニュースは直ぐに消えるので、以下に引用しておく。

日経ネット関西版
シャープが世界最高効率モジュール──次世代太陽電池」2007/12/03配信

 シャープは次世代太陽電池とされる「色素増感型」の太陽電池で、世界最高効率のモジュールを開発した。太陽光エネルギーを電力に変える変換効率は7.9%で、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が設定している開発目標に大きく近づいた。シャープではモジュールの大面積化などに取り組み、主流の結晶シリコン型に比べて安価に作れる色素増感型の実用化につなげたい考えだ。

 面積が26.5平方センチメートル、変換効率が7.9%のモジュールを開発した。NEDOは色素増感型の太陽電池モジュールについて「2010年に面積900平方センチメートルで変換効率8%」という開発目標を掲げている。シャープはNEDOの委託を受けており、今後は大面積化に取り組む。

 シャープは色素から受け取った電子を電極に渡す役目を果たす酸化チタン膜に着目。大きさ20―50ナノ(ナノは10億分の1)メートルの酸化チタンの粒子の配列を工夫し、太陽光が膜中を長く通るようにした。膜に付着している色素に届く太陽光が増えることで、受け取る電子量も増える。

 色素増感型の太陽電池は電極と色素、ヨウ素などの電解液があれば作れる。結晶シリコン型や化合物系の太陽電池では真空装置を使う工程が不可欠だが、色素増感型では不要で、他の方式よりも安価に作れる可能性がある。シャープではさらに変換効率を高める一方、色素の長寿命化に取り組んで実用化を狙う。


 現在のシリコン型太陽電池では、それを作るのに要するエネルギー総量と、その太陽電池が製品寿命が尽きるまでに生産するエネルギーとでは、太陽電池が生産するエネルギーの方が少ないという。真にエコな太陽光発電は、色素増感型の登場を待たなければならないのだ。

(訂正) 2007.12.4
 上の内容について、「現在では事実と反する」とお教えいただいたので訂正する。
上の記述は古いデータに基づくもので最新のデータだと、太陽電池製品が製品寿命が尽きるまで産生するエネルギーの総量は、シリコンを原料とする従来型でも、製造に要するエネルギーの総量を遙かに上回っているそうだ。シリコン太陽電池の原料となるシリコンの需給は逼迫し価格も高騰している。色素増感型太陽電池は、シリコン型よりも生産が容易で、原料、製造コストは格段に安い。色素増感型太陽電池へ寄せられる期待は大きい。
データはここにある。

「色素増感型太陽電池」については、東大先端技術研究Cの特任准教授・内田 聡(うちだ さとし)さんの
色素増感太陽電池ホームページ
が現時点では最も分かり易くて詳しい。
[PR]

by taketombow | 2007-12-04 00:03 | ニースに接して  

<< スノーシュー・ハイキング 喫煙とADHDの発症 >>