金太郎飴 

d0054692_16384927.jpg

「まるで金太郎飴のように」などと、「金太郎飴」は画一的没個性的なものの代名詞のように使われているが、「金太郎飴」はなかなか個性的で工芸的で、芸術でさえある。
 これは、昨日行った会合で配られたもの。
「新年」ということで七福神ともう一人の人物が描かれている。目、口、鼻は勿論のこと、髪型や輪郭だけでなく髭、皺等まで見事に描き出されている。
 食べるのが惜しいくらいだ。

作ったのは、名古屋市中村区の(資)浅野製菓 だとのことだが、住所電話番号ともに分からない。

今週(~1月26日)の読書ノート

階層化日本と教育危機 - 不平等再生産からの意欲格差社会へ 苅谷剛彦・著 有信堂・刊 3,800+TAX円
ことばとジェンダーの未来図 - ジ゜ェンダー・バッシングに立ち向かうために 遠藤織枝・著 明石書店・刊 3,800+TAX円
「家族」はどこへいく 沢山美果子他・著 青弓社・刊 1,600+TAX円
子どもはなぜモンスターになるのか スー・パーマー・著 青木創・訳 小学館・刊 1,800+TAX円
PTSDとトラウマの全てがわかる本 飛鳥井望・著 講談社・刊 1,200+TAX円
脳科学と発達障害 ここまでわかった そのメカニズム 榊原洋一・著 中央法規・刊 1,200+TAX円
新型インフルエンザH5N1 岡田春恵/田代眞人・著 岩波書店・刊 1,200+TAX円
酸素のはなし 生物を育んできた気体の謎 三村芳和・著 中央公論新社・刊 780+TAX円
おもしろサイエンス 蚊の科学 荒木修・著 日刊工業新聞社・刊  1,500+TAX円
愛知県の中央構造線 日本列島の謎を解く鍵 横山良哲・著 風媒社・刊 1,6200+TAX円
河川堤防学 新しい河川工学 吉川克英他・著 山海堂・刊   3,800+TAX円
日本語類義表現使い分け辞典 泉原省二・著 研究社・刊 5,400+TAX円
データ失わない10箇条! 小島範幸/北浦訓行・著 オーム社・刊  2,400+TAX円
雪上ハイキング スノーシューの楽しみ方 瀬戸圭祐・著 JTBパプリッシング・刊  1,200+TAX円
中庭の出来事 恩田睦・著 新潮社・刊  1,700+TAX円
かぐやひめの遺伝子 海野真凜・著 新風舎・刊  1,400+TAX円
5000匹のホタル 松下竜一・著 理論社・刊  1,600+TAX円
[PR]

by taketombow | 2008-01-27 17:12 | 雑感  

<< この国の10年後,20年後は?... なぜ落ちた?(その2) やはり... >>