鎌尾根(鈴鹿)から鎌ヶ岳へ  

 昨日、久しぶりに鎌尾根を歩いた。鈴鹿の山は私のホームグランドだが、御在所岳より南にはあまり足を入れていない。専ら電車・バスを使うようになるとどうしても御在所・鎌が中心となる。それに、下手な時期に足を踏み入れればヤマヒルの猛攻撃を受けるし、丁度顔の辺りにくるイブキザサも侮れない。
 今回は、とうとう手放すことになったSUVのガソリンを、ディーラーへ渡す前に使い切ることも目的の一つ、だから久しぶりのマイカー登山だ。

コースはこの通り。
宮妻峡→水沢峠→水沢岳→岳峠→鎌ヶ岳→岳峠→カヅラ谷→宮妻峡

d0054692_036536.jpg


水沢岳から見た鎌ヶ岳と鎌尾根。僅か1000メートル余の標高とは思えないほどの堂々とした山容だ。
 稜線には時折アカヤシオの赤い花が咲いていた。アカヤシオはシロヤシオほどの大きな群落は作らないようだ。ときおり、ボッポッと赤い塊が山肌を飾る。
d0054692_0453140.jpg

途中でこんな花も見つけたのだが、何の花かは分からない。
d0054692_040423.jpg


五月の連休前後には、御池岳のカタクリが見頃を迎え、御在所岳一帯のシロヤシオもそろそろ登場する。


今週の読書ノート(~5月06日)
境界性パーソナリティ障害のことがわかるよく本 牛島定信・監 講談社・刊 1,200+TAX円
精神障害と犯罪 精神医学とジャーナリズムのクロストーク 岩波明・編 南雲堂・刊 1,800+TAX円
精神科臨床ニューアプローチ7 児童期精神障害 上島国利・監 保坂隆・編 メジカルビュー社・刊 6,000+TAX円
トゥレット症候群の子どもの理解とケア 教師と親のためのガイド Amber Carroll/Mary Robertson・著 NPO法人 日本トゥレット協会 高木道人・訳 明石書店・刊 1,600+TAX円
子どもの貧困 子ども時代のしあわせ平等のために 浅井春男/松本伊智朗/湯澤直美・編 明石書店・刊 2,300+TAX円
生活保護VSワーキングプア 若者に広がる貧困 大山典宏・著 PHP研究所・刊 720+TAX円
月蝕島の魔物 田中芳樹・著 理論社・刊 1,400+TAX円
[PR]

by taketombow | 2008-05-01 00:43 | 私の山歩き  

<< 草鞋を作る 4 藁すぐり  草鞋を作る 3 各部の名称を知る  >>