草鞋を作る 4 藁すぐり 

一般的に、材料の藁をそのまま使うことはしない。そのままでも致命的な影響は受けないが、労働力が余っていた冬場に行われた作業だから、手間だけはいくらでもかける。
先ず行うのが「藁すぐり」。次に解説する藁打ちの後に行っても構わない。
 「藁すぐり」とは、藁からゴミやはかまなどの汚れた部分を取り除き、きれいな藁にすることである。これが、去年農家から戴いた藁の一束分。
d0054692_1111434.jpg

1本、1本を見てみると
d0054692_11112622.jpg

と、はかまがついていることが分かる。これが縄をなうときの作業性を低下させ仕上がりをそこなう。
d0054692_11113622.jpg

藁すぐりを行った藁と、取り除いた「はかま」
d0054692_11114576.jpg

こんなにすっきりした。

 方法は至って簡単だ。片手で藁束を持ち、もう一方の手で根元の方を櫛削るようにする。そうすると、はかまなど余分な所は抜けてくる。丁寧にした方が綺麗な材料になるが、その分量は減る。つまり、原料の歩留まりが低下するのだ。
[PR]

by taketombow | 2008-05-04 11:30 | 草鞋(わらじ)をつくる  

<< 草鞋を作る 5 藁打ち(打ちも... 鎌尾根(鈴鹿)から鎌ヶ岳へ   >>