図書館開設ヴァーチャルプロジェクト 6 「共益費」と「預託金」 

「共益費」は一般住居用の契約とほぼ同じようだ。
共用部分の電気・水道代、管理費用、警備費用に充当するとのことだ。
 「預託金」は住居用の契約の敷金に該当するものだが、やや性格が違う場合があるらしい。個々の契約によって拘束されるが、一部権利金に該当する部分がある場合もあるという。つまり、契約によって契約終了時に1割を差し引かれる契約もあるという。また、その返還も、契約終了時(退去時)に返還される場合もあるが、退去一年後、または、次の契約者が確定後という場合もある。
 また、電気代、空調代、水道代の精算も、契約によって異なる。この物件の場合は、それぞれ別になっている。
[PR]

by taketombow | 2008-05-26 21:45 | 会員制プライベート図書館を作る  

<< 図書館開設ヴァーチャルプロジェ... 余りにも冷たすぎないか??!! >>