Googleストリートビュー

 Googleが新しいサービス「Googleストリートビュー」を開始した。

Google マップのストリートビュー
http://www.google.co.jp/help/maps/streetview/

 自動車で道路を走ったり、散歩したりして目に入る風景をそのまま画像として地図に埋め込んだものだ。
 ある特定の場所を指定すれば、居ながらにしてその道をドライブしたり散歩したりしている気分にさせてくれる。もちろん、視点を変えることも前後左右に移動することも自由自在。カーナビゲーションシステムと組み合わせれば、よりリアルな分かり易いナビゲーションができる。

 玄関のドアや戸の形や色、表札の文字や郵便ポストの色、玄関脇に飾ってある鉢花の色、カーポートの自動車の色・型式・ナンバーまで、きわめて克明に分かる。

 世界ではアメリカとフランスと日本でサービスが始まった。日本では、首都圏、京阪神、仙台、函館、札幌の一部でサービスが始まったばかりだが、数年後には全国が網羅され、政治体制が異なる一部の国を除き、全世界が網羅される日も遠くはないだろう。
  首都圏では幹線道路から始まり、路地裏の生活道路まで網羅された地域もある。
 便利なのだが、その反面極めて大きなリスクも抱え込んでいる。住所氏名が分かれば、家の位置が分かるのは、カーナビや住宅地図と同じだが、それに加えて、玄関の形、ポストの位置、脇の小窓の有無、家の色・形まで分かってしまう。もちろん、駐車してある車の型、色、ナンバーも分かり、富裕の程度まである程度は推測できる。つまり、ネットから空き巣や強盗の下調べができてしまうのだ。これと上空からの映像と組み合わせれば、侵入口から事後の逃走経路までシュミレーションできる。
 某巨大掲示板でときおり発生するトラブルの相手や、事件・事故関係者への"晒し"に使われたら、被害は相当に深刻なものになるだろう。

 私たちは、経済活動が「原則自由」の資本主義社会で暮らしている。その中で、利益の出ないもの、不便なものは淘汰され「より良い」ものだけが生き残る。便利性と利潤だけを貪欲に追求する大きな流れの中で、私たちの何が侵され、失われてしまうのだろうか。

 私たちの「資本主義」は暴走を始めていないだろうか。私たちは、その暴走に修正を加える必要はないのだろうか。


今週の読書ノート(~8月31日)
心理学の世界 教養編5 パーソナリティと臨床の心理学 次元モデルによる統合 杉浦義典/丹野義彦・著 培風館・館 2,100+TAX円
MINERAVA 福祉ライブラリー91 ヒューマンケアを考える さまざまな領域からみる子ども学 月形昭弘・著 ミネルヴァ書房・刊 2,400+TAX円
麦の穂 四季のうた 2008 長谷川櫂・著 中央公論新社・刊 740+TAX円
美しい言葉づかい -フランス人の表現の技術 井村順一・著 中央公論新社・刊 740+TAX円
花はふしぎ なぜ自然界に蒼いバラは存在しないのか? 岩科司・著 講談社・刊 940+TAX円
筋肉はふしぎ 力を生み出すメカニズム 杉晴夫・著 講談社・刊 820+TAX円
「チベット問題」を読み解く 大井功・著 祥伝社・刊 780+TAX円
虫の顔 石井誠・著 八坂書房・刊 1,800+TAX円
野の花・山の花 観察図鑑 東京山草会・編 主婦の友社・刊 1,300+TAX円
NHKスペシャル 最強ウイルス 新型インフルエンザの恐怖 NHK「最強ウイルス」プロジェクト・編 NHK出版・刊 1,000+TAX円
今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい 発酵の本 協和発酵工業・編 日刊工業新聞社・刊 1,400+TAX
オクスフォード 科学の肖像 メンデル エドワード・イーデルソン・著 西だ美緒子・訳 大月書店・刊 1,800+TAX円
北欧教育の秘密 スウェーデンの保育園から就職まで 遠山哲央・著 つげ書房新社・刊 1,800+TAX円
燃料か食料か バイオエタノールの真実 坂内久/大江徹男・編 日本経済新聞社・刊 2,600+TAX円
ナマコのからえばり 椎名誠・著 毎日新聞社・刊 1,400+TAX円
ふたりの品格 永六輔/矢崎泰久・著 講談社・刊 1,400+TAX円
記念日 加納諒一・著 光文社・刊 2,000+TAX円
産声が消えていく 太田靖之・著 祥伝社・刊 1,700+TAX円
[PR]

by taketombow | 2008-08-31 21:11 | 雑感  

<< 9月2~3日豪雨による御在所岳... 南アルプス(三伏峠~悪沢岳~赤... >>