給水用チューブ

d0054692_211115.jpg



山行中の水分補給は悩みの種だ。水補給の度に一々立ち止まるのも面倒だ。ルートによっては、ザックを降ろスペースさえ確保が困難な場合もある。腰からペットボトルを下げるのも、歩きにくいし、100円ショップで買うペットボトルホルダーは数回使うとすぐ折れる。
 最近時折見かけるのが給水チューブだ。

EVERNEW の商品名は ハイドレーションチューブ 1980円

山道具店でよく売っているのは、プラティパスというブランドだ。EVERNEW の製品よりはやや高い。多分品質は良いのかも知れない。EVERNEW 製品のメリットはキャップ部分にある。スクリューキャップのピッチが、ペットボトルのそれと同じなのだ。アプローチの途中で買ったペットボトルがそのまま、給水システムの一部となる。

水を飲むのにやや強い力が必要な点が気にかかる。
[PR]

by taketombow | 2005-06-06 21:01 | 私の山歩き  

<< 「ウサギの耳」を取り戻そう ライブでのおまけ >>