「ウサギの耳」を取り戻そう

d0054692_21443984.jpg
d0054692_21445110.jpg
御在所岳で「ウサギの耳」と聞いてすぐ、「ピン」と来る人はかなりの鈴鹿通である。
裏道コースを行くときちょうど中間点あたりの泊場である。河原だから、当然のこととして雨天時や増水しそうな時は使用しないが、その昔、藤内壁を目指すクライマーのメッカだった。
左岸に、ウサギが耳をピンと立てたように見える岩があることから「ウサギの耳」と呼ばれた。
 ところがどうだ。周囲の木々が大きくなりすぎたことと、河原の草原化が進み、昔の面影はない。河原に草木が繁茂し、泊場として利用する人もいない。
 昔のような姿には戻せないものなのか。
[PR]

by taketombow | 2005-06-06 21:53 | 私の山歩き  

<< 負バレ岩 給水用チューブ >>