私の読書術

d0054692_10331661.jpg

「付箋読書法」と勝手に名付けている。

1 「おやっ」と思ったこと、「そうか」と感じたこと、「いいな」と思ったこと等々、とにかく気になったところには、付箋を付ける。何も考えないでただひたすら付箋を付けてページを繰る。
2 次は、その付箋のところだけを読み直す。
3 そして最後に、感想を文章化する。

新書程度なら、付箋に2時間、読み直しに30分、文章化に30分の合計3時間で私の読書は終わる。
 但し、文学作品は別だ。読むことそのものが楽しみなのでできる限り時間をかけ味わいながら読む。つい夢中になり、徹夜して読み上げてしまうことも、2ヶ月かかることも珍しくはない。
[PR]

by taketombow | 2008-12-05 21:23 | 私の本棚から  

<< 井上靖 「敦煌」 「貧困」と「格差」を考える >>