<   2005年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

西の魔女が死んだ

不登校はどうでしょう? / なつきのココロ

d0054692_143396.jpg
梨木 香歩 著
ISBN: 4101253323 新潮社 刊
定価: 420 (400+TAX)円



中学校へ入学して間もなく、まいは学校へ行けなくなった。喘息の発作がきっかけだったが、クラス女子間の人間関係に疲れ切ってしまったのも大きな要因だった。
 暫くの間、田舎に住んでいる「おばあちゃん」(西の魔女)の元で暮らすことになる。英国生まれのおばあちゃんは、若い頃単身で来日し日本人である祖父と結婚しただけあって、考え方が変わっている。自分の考えを押しつけない。全てを自分の意志で決めていく。西の魔女と生活していく間に、次第次第にまいは自分の考えで決めることになれていく。
 
 おばあちゃんとの生活の中で、自信を知り戻し自分を再発見していくまいの成長と、おばあちゃんとの永遠の別れを清々しく描いている。

 思春期の悩みに直面し、そこから抜け出そうと苦しんでいる子どもたちにぜひ紹介したい一冊だ。
[PR]

by taketombow | 2005-09-28 01:05 | 私の本棚から  

御在所岳近辺登山の必須アイテム

d0054692_21275647.jpg


 私が初めて御在所岳へ登ったのは大学1年のときだった。あれから今年で34年になる。子育て期はカミさんに遠慮して中断したが、子どもが大きくなったとき再開した。鈴鹿への登山回数は、御在所だけでも多分100回を優に超えているだろう(もっとも、実際に本当の山頂まで行ったのは2回しかない。夏はカモシカセンター前の売店で生ビール、冬は、山頂駅売店で燗酒を飲んで下山してしまう)。
 しかし、何回登っても、道に迷うことがあるし、登山道の様子は絶えず変わっている。いつ登っても新鮮な感動を味わえる山。それが私にとっての鈴鹿・御在所だ。また、高速道路、鉄道、高速バス等交通の便がすこぶる良いのも魅力だ。健脚者なら、公共交通機関を使い、山道を走り抜け半日で登頂し、昼までに帰宅することも可能だ。いわば、ジム代わりに山を使うのである。

 私が鈴鹿・御在所へ登るときの、必須アイテムはこれだ。

知人友人と一緒の時は車で行くことが多いが、一人での山行は公共交通機関を使うように心がけている。その理由は、「気楽だ」ということと、「酒を飲める」の2点に尽きる。
 月に2度以上通うようになると、交通費も無視できない。そこで、交通費を少しでも節約しようと知恵を絞っている。勿論節約した金は、ビール代になる。

1 名古屋市バスの昼間割引ユリカ
土日休日は終日使用でき、1乗車あたり約140円強になる。
家から名古屋駅までに使う。
2 三交バスカード
  三重交通は、乗車時に整理券を取り、降車時に運賃添えて支払う。割引率はさほど高くないが、カードを通すだけだから煩わしさがない。それに、山行で疲れ電車の乗り換えも面倒なときは、このカードで名古屋行きの特急バスにも乗れる。
3 近鉄回数券カード
  回数券カードの最高発行金額は820円だが、名古屋から湯の山温泉までは、830円である。だから、毎回10円を添えて使う。有効期間が3ヶ月という制約はあるものの約3割という割引率は大きい。土日休日しか使えないが、平日使うことは先ずあり得ないから支障はない。
[PR]

by taketombow | 2005-09-26 22:07 | 私の山歩き  

山で茹で立てのスパゲッティを食べる 5

d0054692_22465758.jpg


これも春日井の100円ショップ「オレンジ」で見つけた品。しかも「はごろもフーズ」の製品である。粉末タイプは勿論のこと、レトルトのスープタイプの製品でも、中に入る具は少ない。適当な具を追加するとおいしさは倍増する。そこで、この品の登場だ。30g(あさり)、50g(マッシュルーム)という少量のレトルトパックになっているのがいい。これを加えるだけで、ぐっと豪華なパスタになる。
[PR]

by taketombow | 2005-09-25 22:46 | 私の山歩き  

山で茹で立てのスパゲッティを食べる 4

d0054692_2219171.jpg

 春日井の100円ショップ「オレンジ」で見つけた品。
やはり「はごろもフーズ」だが、レトルトのミートソース1人分と短細タイプのパスタ100gとペアになっていて105円である。難点はパスタが7分タイプということだ。茹でるのに時間が掛かれば掛かるほど、山では燃料を消費する。
 商品名は

「お試しパック このまんまレンジ+スパゲッティ100gつき」

とあるので、パスタソース新製品販売時の限定商品かも知れない。
はごろもフーズのwebを見るとパスタソースの「このまんまんレンジ」シリーズはあるが、この商品は載っていない。

マ・マーの「サラダスパゲッティ」は3分の茹で時間なので、これと組み合わせると旨いかな。
[PR]

by taketombow | 2005-09-25 22:19 | 私の山歩き  

山で茹で立てのスパゲッティを食べる 3

d0054692_10313633.jpg

 私は、スパゲッティソースをたっぷりかけたものか、スープスパゲッティが好きだ。パスタソースは缶詰、粉末、レトルトパウチ等様々なタイプがあるが一食分のものはなかなかない。2食分用と価格はさして変わらないとは思うが、山で食べ残しても開封したら持ち帰るすべはないし、捨てるのは私の主義に反する。
 先日見つけたのがこれ。エム・シー・シー食品の「パスタソース」シリーズだ。
 ホタテ貝のクリームソース、カルボナーラソース他10種類ある。
最近は殆ど日帰りなので、1日1種類試したとして、全部食べ終わるのには10回山へ行かねばならない。
 家で、自分だけ別メニューを食べても旨くないしなあ。
[PR]

by taketombow | 2005-09-25 10:46 | 私の山歩き  

山で茹で立てのスパゲッティを食べる 2

d0054692_108212.jpg

 またまた、便利なものを見つけた。

はごろもフーズ」の 
”スパッと5分” パスタ100gとオイル、ソースがセットになっていている。
パスタは「サラスパ」と同じ短細タイプ、約5分で茹で上がる。茹で上がったら、茹で汁を捨てた後オイルを絡め粉末ソースを絡めれば出来上がりだ。
ナポリタン、ペペロンチーノ、たらこ、納豆、緑黄色野菜の5種類ある。メーカーの参考価格は140円となっているが、120円程度で売っている。茹で汁を半分ほど残しておき、ポタージュスープやシチューの素を入れればスープスパゲッティにもなる。パスタが短いので500ccの一人用コッフェルでも調理できるのが嬉しい。
 せっかく茹で立てを食べるのだから、せめて皿とフォークは持っていきたいな。できればワインも。
[PR]

by taketombow | 2005-09-25 10:30 | 私の山歩き  

スタンドプレーに終わらなければ良いが。

掃除時間節約 たっぷり遊ぼう  犬山北小(愛知県)

犬山市立犬山北小は、「掃除の時間」をほぼ全廃し、代わりに「遊びの時間」を導入した。希薄になりがちな友達関係を遊びを通して育んでもらうのが狙いで、全国的にも珍しい試みという。

         中日新聞(名古屋市版9/22朝刊)

まず最初に、「児童・生徒に学校の清掃をさせること」への私の考えを明らかにしておく。
私は、「消極的な賛成」でしかない。 理由は、以下の通りだ。

 清掃活動をさせることには、
「自分たちが使った使った施設を自分たちできれいにすることにより、公共施設をたいせつにしようという心を育てる」
という教育的目的があると理解してきた。
 しかし、そうでもないようだ。周囲に聞くと、子どもの頃、玄関、職員室、地域開放ルーム等の清掃をやったことがある人もかなりいる。これらの場所は原則児童生徒は使用しない。となると、前述の目的とは合致しない。多分(これからは私の想像でしかないが)明治の学制発布のとき、施設と教師の確保だけで手一杯だったから、清掃は児童生徒がするようになったのが実態ではないだろうか。教育として必然性のある目的がないのなら、清掃を児童にさせる必然性は少なくなる。
 それに、「自分の汚したものは自分の手で綺麗にさせる」といっても、辺り構わずゴミを散らかし汚すような輩は、清掃活動もさぼってばかりで邪魔になりこそすれ、ろくにやらない。清掃をしっかりするのは、自分のゴミは自分で始末でき、殆ど汚さない子たちなのだ。これは、公共の場で一部の大人の行動を見ればよく分かる。大人も同様だ。
 学校の清掃は民間委託にしてもよいと思う。 それだけでも、相当な雇用機会の創出になる。

さて、本論に戻る。
 前述の考えをもつ私だが、今回の犬山北小の方針変更措置には、「?」だ。

1 子どもたちを汚い環境で学習させることにならないか。
  30人~40人の集団が学習するだけでも、繊維がこすれてのの綿埃。衣服に付着する砂、土。髪の毛。消しゴムの消しかす、給食のパンくず等は毎日一定量発生する。それらは通常、床面に散乱している。更に学習の際に発生する、教材の包装、切れ端、残り等がある。週一回の清掃日まで、子どもたちはこの中で生活する。
 もし、「今までの清掃指導が徹底し、児童が校内を殆ど汚さなくなった」から、「清掃時間を廃止する」なら分かるが、そうでないとしたら、「単なる指導の後退」にすぎないのではないか。

2 学校で遊びを指導する必要があるのか。
  学校に付託された役割は何だろうか。確かな学力を身につけさせることだと思う。「学力」の意味するものは何かについては様々な異論があるが、「遊び」もその中に入るのだろうか。そして、清掃の時間を廃止してまで学校教育が担うべき事なのだろうか。そのようなゆとりがあるのだったら、その分学校での拘束時間を短くして、児童の放課後の時間を確保するように努めるのがあるべき姿ではないだろうか。


     <この項続く>
           
[PR]

by taketombow | 2005-09-23 22:08 | ニースに接して  

教師が「万能」とは思わないが、せめて・・・・

一番の後悔は 人に話したこと@いじめ / なつきのココロ

 小学校の教室で、担任教師は一人の「独裁者」としての一面ももっている。「独裁者」というと言葉は悪いが、自分の教育方針を柱として学級を運営していく。教育、生活環境としての学級の雰囲気を左右するのも、その方針の妥当性と実効性だ。
 したがって、それに対しての期待や要望の数も多い。
 その期待に応えられなければ、子どもや保護者の失望を招くだけでなく、つらい思いをする子どもたちを作ってしまう。

これはそんなつらい思いをしてしまった「なつき」さんの回想。

 学級内の問題を発見し解決できなかった担任よりも、その担任(新卒だったという)への校内でのサポート体制はどうなっていたのかが、気になって仕方ない。
[PR]

by taketombow | 2005-09-20 03:21 | 雑感  

御在所岳 一ノ谷新道修復!!

d0054692_6183418.jpg


荒れていた御在所岳一ノ谷新道が修復された。これは9月4日の山行で確認していたが、先日の台風の影響が気になり昨日(9月18日)再び現地で確かめてきた。

 登山道入り口の倒木も、写真のように丁寧に処理されていたし、その上部の倒木も、傍にルートが造られていた。随所に、ペンキやテープによるマーキングが施され、安心して歩きやすくなった。

関係者の早速の対応に感謝と敬意を表したい。

菰野町観光協会 道の駅「菰野」
菰野町
御在所ロープウェイ株式会社

また、このブログを見て関係公署へ働きかけてくださった方々にも感謝、感謝である。
[PR]

by taketombow | 2005-09-19 06:39 | 私の山歩き  

御在所岳近辺の温泉

宇賀渓へのトラックバック

タイトルは「宇賀渓」とあるが。希望荘の写真があったのでトラックバックした。

御在所岳、鎌が岳等湯の山温泉近辺の山から下山したら一風呂浴びるのが定番。入浴にお勧めは温泉街のホテルではない。

1 総合では「希望荘」が一番お勧め。

泉質、設備、清潔さ、浴室からの眺望、価格とも合格点以上だ。タオルも無料で貸してくれて、500円 浴槽は温泉街にあるホテルのそれとも引けをとらない位清潔だ。何時行っても人が多いが、ロッカーキーで入浴人数をコントロールしているので、洗い桶がなかったり、洗い場が一杯と言うことにはならない。駐車場は第一駐車場が満車なら第二駐車場が近くて便利だ。

2 次が「ヘルシーパル湯の山
数年前に改装してよくなった。泉質、設備、清潔さ、浴室からの眺望、価格ともに、「希望荘」に一歩負けている。525円 タオルは100円。
しかし、近鉄「湯の山温泉」から歩いていけるのがいい。

3 「寿亭」
老舗の有名ホテル。泉質は「普通」というところかな。設備、清潔さ、浴室からの眺望はさすがに温泉旅館の風格だ。従業員の接客も良い。価格は700円か800円だったと思う。やや高めだが、それだけのことはある。温泉街にあり歩いて行ける点も魅力的だ。

4 「グリーンホテル」
温泉街から離れているから、自動車でなければ難しい。
浴室は全てが快適。

5 「鹿の湯ホテル」
温泉バスターミナルに最も近いホテル。設備、清潔さ、浴室からの眺望
はまあまあといったところ。価格はやや高め。最大の欠点は「泉質」だ、勿論悪いというのではない。多分温泉を循環して使っていると思う。それはそれで仕方がないが、その湯の消毒のための塩素臭がきつい。
 また、浴槽入り口に飾ってある鹿のブロンズ像も気にかかる。飾ってあるのはホンシュウジカだ、この辺りに生息しているのはニホンカモシカでまったく別の種類だ。
※先日望湖台で「ホンシュウジカを見た」という情報を戴いた。私はまだ一度もお目にかかったことはないが、ホンシュウジカもいるようだ。上の記載の一部を訂正する。
http://joseitozan.exblog.jp/

「片岡温泉」
 湯の山近辺では、ここの泉質が最も良いと思う。しかし、車でなければ行けないし、費用もやや高め。

他に

三休
 ここも良い。朝明渓谷の入り口にあり施設は新しく清潔だ。特に冬、周囲が雪で覆われたときの浴槽からの眺めは最高だ。
難点は2つ
・浴室が狭い(湯舟も脱衣も)
・道路から入り口までの連絡路が急なため、凍結時や降雨後は4WD以外は下の駐車場に止めることになる。足腰の弱い方や高齢者にはかなり大変かも知れない。
[PR]

by taketombow | 2005-09-17 00:23 | 私の山歩き