<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

おじさん、おばさんがいっばいだァ「吉田拓郎&かぐや姫 Concert in つま恋 2006」

d0054692_15231944.jpg

d0054692_23524420.jpg

 待ちに待っていた、吉田拓郎&かぐや姫の野外ライブに行ってきた。
 半年ほど前の発売の際、1万5千円という価格に躊躇している間に買い損なってしまった曰く付きの物だ。開催ギリギリの先日、スポンサーのPanasonicが追加募集したプレゼントに応募したら当ったのだ。
 それも、ペアでだ。
開演の午後1時の1時間前、JR掛川駅へ到着。掛川駅からの「つま恋」会場へのシャトルバスへ乗るところから渋滞。
 そうだ、私たち団塊の世代は、この世に誕生したときからずうっと、「定員オーバー」「渋滞」の中を生きてきた。

このライブは、現地で見ていると、そんな世代「日本中の団塊の世代」が全部集まってしまったみたいに思えてくる。

この日のチケットは3万5000枚、短期間に完売したという。

このエントリーは、会場でケータイからこのブログへアップし、帰宅後手を入れたものだ。

 ガンを克服した吉田拓郎もあのトンガリぶりは相変わらずだったし、南こうせつの柔らかな声もそのままだった。
 歌手も観客も30年前のあの頃と比べると公平に年を重ねている。レコード盤が磨り減るのではないかと、心配しながら聞いた、懐かしい曲が次々と演奏されていった。
 それらを聞いている内になぜか目頭が熱くなってきた。
心の琴線に触れる曲を聴いたときとは少し違うのだ。メロディーや歌詞に心を動かされじーんと来ることはあるが、今回は全く違う。

 何か知らないが全てが懐かしいのだ。
でも、心に届く前に目頭へ直接作用したものは、一体何だったのだろうか。

 最後まで聞きたかったのだが、カミさんも私も翌日の予定があったので、7時半頃後ろ髪を引かれる思いで会場を後にした。
 聞きたかった「旅の宿」「襟裳岬」「夏休み」が聞けなかったのは残念だったが、飛び入りゲストの「かまやつひろし」との「シンシア」「我が良き友よ」を生で聞けたのは大変ラッキーだ。

 あの時代から30数年。みな、そろそろ現役をリタイアしかかっている世代だ。
若い頃は来たくても金がなかった。
 今は違う。子育てももうそろそろ区切りがつきそうだし、身体も丈夫だ。家庭もそれなりに何とかなっているし、経済的にはとてもゆとりはないが困らない程度に生活できる。働くべき仕事もある。この会場に来ている人も、30年もの長い間、人生にはいろいろあったかも知れない。皆、それぞれの山や谷を乗り越えて来ているに違いない。
 こうして、若い頃の懐かしい音楽をライブで、しかもカミさんと聴けるというのも、よくよく考えてみれば、大きな幸せだ。

 今回の当選はそんな幸せを再確認する機会もプレゼントしてくれた。

Panasonicのつま恋会場レポート
NIKKEI NET:拓郎さんとかぐや姫、つま恋で熱唱・中高年35000人集う
Excite エキサイト : 社会ニュース
maylee127 さんのエントリー つま恋 2006
[PR]

by taketombow | 2006-09-23 15:23 | 雑感  

咲いた!

d0054692_1522885.jpg

 職場で、生垣の剪定をしていたら、どこからか懐かしい香りが流れてきた。
枝の間を探したら、小さな花房一つが咲いていた。

今年も金木犀の季節がやってきた。
[PR]

by taketombow | 2006-09-21 15:02 | 私の山歩き  

当たった!!

d0054692_19553069.jpg

 野外ライブのチケットが当たった。
吉田拓郎とかぐや姫のライブ「吉田拓郎&かぐや姫 Concert in つま恋 2006」だ。

春の売り出し開始時、行きたいなと思っていたが、野外なのと、一人15,000円と高価なことから、躊躇していたら買いそびれてしまっていたモノだ。
 それがペアで当たってしまった。
あとは、当日仕事上で急用ができないことと、台風がやってこない事だけを祈っている。

吉田拓郎やかぐや姫は、自分が大学時代から、就職した頃にかけて良く聞いた。あれから三十数年。歳月と共に相応の歳はとったが、あの頃の熱い思いは、今でも心の何処かに燻っている。

 何もかも忘れ、ひとときの夢に酔いしれたいものだ。

天気が良ければ、翌日は鈴鹿で芋煮を食べたいと思っている。

ちょっと見通しが甘いかな。
[PR]

by taketombow | 2006-09-20 20:02 | 雑感  

飲酒運転をなくすために 公務員の厳罰化だけで良いのか?

「飲酒運転は誰がやっても到底許されるモノではない」
「公務員の飲酒運転厳罰化には反対ではない」

このことを確認した上で。

 「飲酒運転による悲惨な事故をなくす」にはどうしたらよいか、考えてみたい。

公務員の死亡事故5年間で53件

「も」あったのだが、「しか」なかったとも言える。労働人口に占める公務員の割合と、飲酒運転死亡事故に占める、公務員の占める割合との比率はどうなのだろうか。労働人口における比率に比べれば、相当に低いことが予測される。もちろん、だからと言って53件を擁護するつもりは毛頭無いが、公務員だけを批判している間は前に進まない。
 公務員の厳罰化は公務員の飲酒運転撲滅には効果があるが、他の職種のには届かない。
飲酒運転事故に占める割合は他の職種の方が圧倒的に多い。「免職」「馘首」で抑止効果があるのは、公務員やある程度以上の規模の組織のサラリーマンだけだ。自営業者、高齢者、無職者は首になることもない。
 夏の昼時、道路沿いのラーメン店やうどん屋で、食事とともにビールを飲んでいる人をよく見かける。傍らに、無造作に車のキーがおいてあるときもある。それらの客に、店は何のチェックもなしでビールを提供している。
 また、地域の夜の会合には酒はつきものだし、地方では自動車以外の移動手段がないことも少なくない。当然、帰路は飲酒運転だ。

 これらの風土を一掃しないことには、飲酒運転はなくならない。自分以外の人間をやり玉に挙げておいて、それで「終わり」だ。

 血中濃度の高低、事故の有無に関わらず、飲酒運転は実刑、免許取り消し、100万単位の罰金または労役場での就労等厳しいペナルティを全ての運転者に課すべきだと思う。

 政府がその気になり、国民の合意があればできるが、酒造・飲食業界の猛反発、国民の反発"「他人の飲酒運転は許せないが自分は少しぐらいは良い」と思う身勝手さ"がもろに出てくるだろう。酒税収入、業界からの献金収入に影響するので財務省、自民党は猛反発するはずだ。

 結局「公務員」をやり玉に挙げておくのが一番無難なのか。

また、飲酒運転をさせない、できない車の開発も急務だ。その気になればさほど困難なことではないと思うが。どうして開発されないのだろうか。

 私自身の願いとしては、酔っぱらっても、飲んだくれても車内で介抱してくれ、自宅まで安全に送り届けてくれる車が欲しい。

 ついでに、カミさんに言い訳をしたり謝ってくれればもう言うことはない。
Excite エキサイト : 社会ニュース

ここから9/18(月)に追記

 また、リスクコンサルタントの 浦嶋繁樹氏 は
 日経BP SAFTY JAPAN 内の氏のコラム
  「酔っ払い運転事故の真の加害者は誰か? 欄干の強度に問題はなかったか?」で、別の角度から この死亡事故を 検証している。 事故の直接の加害者は飲酒運転だった運転者だが、死因は全て溺死だった。飲酒によるものだったから、事故そのものは避けられなかったが、橋の欄干の強度がある程度あったら、死亡事故にまでは至らなかったのではというのだ。例えとして、金属金具の腐食によるブランコの事故を挙げており、同一レベルで比較できるかなと若干の疑問はあるが、一つの考えとして傾聴に値するものだと思う。

また、あざらしサラダさんも
氏のブログのエントリー
「△本気で飲酒運転を無くすためには」で
幾つかの新聞の論調を比較した上で、全ての運転者に飲酒運転抑止効果のある方策をとるべきと、主張している。
[PR]

by taketombow | 2006-09-17 10:14 | ニースに接して  

業界、金融庁、自民党の猿芝居にダマされたマスコミ

東京新聞の見出し は こうだった。

「世論に押され業界敗北『消費者保護へ前進』」

でも、本当にそうだったのだろうか。

いや、多分違うと思う。業界、金融庁、自民党の関係者はしてやったりと、祝杯をあげているに違いない。

役所の中の役所、最もアタマの良い官僚が集まる金融庁だ。当初の案で本当に通ると思っていた筈がない。
 業界の体制を整えるための時間稼ぎが必要だった。そのギリギリの線が3~5年という線だったのだろう。

 最初から3~5年という案を出せば必ず値切られる。万が一、全く譲歩せずその案に拘れば、金融庁、自民党は業界寄りだという印象を更に強めてしまい具合が悪い。そこで、今回の案のように、到底飲めない非現実的な案を提出し、世論は勿論のこと党内からも異論が出るように仕向けたのだ。それによって、3者は強い世論の前に大きな譲歩をしたかのように映る。
 最初の案に比べれば大幅な短縮なので、マスコミも国民も満足し、静かになる。

 最初からの想定内のことだから、実質痛くも痒くもない。期限の日まで、突っ走って貸すだけ貸して、自殺するだけ自殺させて、儲けるだけだ。

 本当は、法の上限を超えたグレーゾーンの金利は、即時にでも撤廃すべきモノなのだ。

ニュースにボヤッキい

Excite エキサイト : 経済ニュース
[PR]

by taketombow | 2006-09-16 22:58 | ニースに接して  

芋煮鍋

d0054692_22158100.jpg
 この3連休で今日だけが空いていた。
秋空の下、白滝谷出合かコクイ谷出合で芋煮鍋を食べようと思っていた。
でも、台風の影響でぐずついた天気、雨を心配しながら食べても仕方ない。
行くのは止めた。食材が勿体ないので、下界で作ってみた。

レシピは「人気の鍋もの102」を参考にした。
牛薄切り肉・・・・・・150g
里芋    ・・・・・・9個
しめじ   ・・・・・・・100g
生椎茸  ・・・・・・・3枚
白菜    ・・・・・・2枚
牛蒡    ・・・・・・1/2本
長ネギ  ・・・・・・・1本
板こんにゃく・・・・・・1枚

合わせだし・・・・・・・3カップ
みりん   ・・・・・・・大さじ1.5杯
醤油    ・・・・・・・1/3カップ

できあがりは、この写真だ。
d0054692_22135042.jpg



今度こそ山で食べてみたいと思う。でも、当分週末は塞がっている。
[PR]

by taketombow | 2006-09-16 18:50 | 私の山歩き  

西内さんの鈴鹿の本  最新刊「鈴鹿の山万能ガイド」

d0054692_23205917.jpg


「鈴鹿の山ハイキング 21世紀の山歩き」
「地図で歩く鈴鹿の山 ハイキング100選」

の著者 西内正弘 さん から新刊の お知らせを頂いた。
 
「ハイキングマップで歩く 鈴鹿の山万能ガイド」

氏の鈴鹿本の完結編との位置づけだそうだ。
私も今日注文したばかり、実際に内容を見たわけではないが、前二作の内容から推察すれば、おそらく期待は裏切られないだろうと思う。

参考までに、西内さんの同意を頂き、案内文を貼り付ける。












d0054692_22463676.jpg


 興味ある向きは、直接西内さんまでご注文いただきたい。
[PR]

by taketombow | 2006-09-09 22:47 | 私の山歩き  

給食費・払いたくない時代

一昔、このような事をいろんな会合で話題にすると、
「そんなことは許されない。けしからん事だ」
と非難する声が沸騰したものだ。

今は、
「払わずに済むなら私もしたい」
という声が上がる。一定の基準で選ばれた人が集う公的な場でもだ。

明らかに、私たちの規範意識が、低下している。

More 読売新聞9/2(土)  17面 「くらし・教育」 欄 より 引用
[PR]

by taketombow | 2006-09-09 19:39 | ニースに接して  

心の脆さと表現力の乏しさ、そしてその哀しさ

 山口県の高専生殺害事件は、「被疑者が自殺体で発見」という形で幕を閉じた。

 被害者とその家族の悲しみには、計り知れないものがあるだろう。
心からの悲しみと同情とお悔やみを申し上げたい。

 それとともに、犯人と推測される男子学生が哀れに思えて仕方がない。

 犯人と被害者との間に何があったのだろうか。何も語れないまま、何も語らないまま、二人とも逝ってしまったので真相は分からない。

 しかし、やや内気で自分の気持ちを表現するのが下手、激昂し易く心が脆いという、典型的な今の若者の姿が浮かんでくる。

 高専に進学したくらいだから、知的には平均的かそれ以上で、真面目で努力家だったと思う。

 思春期特有の仄かな恋心、同級生に寄せた淡い思いが、このような形で終わってしまったことが、哀れでならない。

 彼は、被害者のみならず自分も殺してしまった。


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]

by taketombow | 2006-09-09 19:33 | ニースに接して  

「眼球売ってこい!」「腎臓売ってこい!」より 酷い話だ

 高利で金を貸し出し、利用者が被保険者、サラ金が受取人の生命保険に加入させ、厳しい取り立てで追い詰め自殺させて、生命保険金で債権を回収する。
 
 サラ金業界と生命保険業界とがグルになり利用者の命を代償に暴利をむさぼる、黒いビジネスモデルが民主党議員の質問趣意書に関わる金融庁の調査で明らかになった。

 これによる死亡者は約4万人、その内自殺者は約3650人、約9.1%に当たるが、自殺は周囲が隠す傾向にあるし、死因不明のものもあるので、実際は2割を遙かに超えるだろう。
国民一般で20歳以上の死亡者に占める自殺者の割合は2.8%だから、サラ金利用者におけるその数値は突出している。

 知らぬ間に加入させられ自分で生命保険金を支払い、厳しい取り立てで追い詰められ自殺する。サラ金は保険金で元利合計以上を得て焼け太りし、遺族に対しては素知らぬ顔で、更に厳しく二重の返済を求めて取り立てる。
  多分、そんな事例は数限りなく明らかになってくるだろう。

 徹底的な精査が求められる。

 酷い話だ。

 更に、貸金業の「経営の健全化を図るため」上限金利を超えた貸し出しを今後9年間認めるという案を自民党と金融庁で作成している。この国は、なんと(悪徳サラ金に)優しい国なのだろうか。

 でも、私たちは怒ってはいけないのかもしれないのだ。

 その法案をまとめた政府・与党を、一時は80%以上の圧倒的な数で支持し、更に先の衆議院選挙で信任したのも、他ならぬ私たちなのだから。

 「自由な競争」「規制撤廃」は間違った方向ではない。しかし、それらの競争社会から脱落してしまった人たちに礫を投げ、足蹴にするような社会は正常ではないと思う。

 彼らが不当に搾取され、挙げ句の果ては自殺にまで追い込まれるのは間違っている。間違いを正す方向でなく、法制度がその間違いに荷担する方向に進んでいることに危惧を感じる。

 どんな理由があろうとも、返す当てもないままサラ金に手を出し借金地獄に陥るのは、愚かな事だと思う。「借りた金は返す」「返す見込みのない借金はしない」これは当然だ。棒引きにするなんてとんでもない話だ。

 しかし、自殺に追い込み利益を得る生保、サラ金は許すべきではない。このような高リスク集団を保険加入させれば、支払われる保険金総額は多くなる。その分は、保険契約者全員が掛け金のアップという形で負担している。

 弱者、愚者を食いものにし更に追い詰め虐げることが、国民の8割が熱狂的に支持したコイズミ政権の求めてきた政治の姿だったのだろうか?


Excite エキサイト : 社会ニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]

by taketombow | 2006-09-07 23:28 | ニースに接して