<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

責任があるのは 「パロマ」「リンナイ」だけかなあ?

分からない。分からない。
最近の騒ぎが分からない。

本当に責任を持つべきは誰かが分からない。

ガス瞬間湯沸かし器による死亡事故。

メーカーの責任はどこまでなのかが分からない。

明らかなのは一つ。
「死亡事故の発生するような製品を作るメーカーは悪い」

でも、メーカーの責任を負う範囲には限度があるはずだ。

製品を販売してから何年まで責任を持つべきなのか。10円の製品と、1000万円の製品とでは、その年数は同じで良いのか。

殺人事件でも、時効は15年である。

入手法についても、対価を支払い正当に入手したユーザーと、粗大ゴミから拾ってきたユーザーとは同じ権利が主張できるのか。

正しくメンテナンスをしているユーザーと、故障を放置したまま使用していたユーザーとは同じ権利を主張できるのか。

換気扇も回さずに使用し死亡したユーザーに対してメーカーが責任を負うのなら、鉄筋のマンションの一室で練炭コンロを使用し一酸化炭素中毒を起こしたとき、遺族はコンロメーカーや、練炭メーカーに対して責任を追及できるのか。それとも、機密性の高いマンションを販売したマンション業者の責任を追及するのか。

僅か数万円の湯沸かし器を各種安全装置を外したり故障したまま使用し、メーカーの責任を問うのと、何百万もする自動車を、車検も受けずブレーキが故障したまま修理もせず運転し事故を起こして、自動車メーカーの責任を問うことと、どこが違うのか。

ガス機器メーカーは他に、ノーリツ、ターダ、ダンホット等のメーカーがあり、それぞれ同様の事故を出荷台数にほぼ比例して起こしているが、これらのメーカーはなぜ、糾弾されないのか。

分からない。分からない。

ある人達が、火の付いた炭火を自動車の中に持ち込み、目張りをして、一酸化炭素中毒による集団自殺をしたとき、遺族は
コンロメーカーには、
 一酸化炭素が発生するようなコンロを作ることが悪い。
中国の木炭生産者には
 一酸化炭素が発生するような木炭を生産したことが悪い。
自動車メーカーには
 容易に目張りできるような自動車を作ることが悪い。

と言えるだろうか。今回のマスコミの論調は、これらの言い分とどこが違うのだろうか。
[PR]

by taketombow | 2007-02-26 23:59 | ニースに接して  

どうしても「フクジュソウ」を見たい。

 先週探し損なったので、この週末を狙っていたのだが・・・。
土曜日(今日)は夕方から仕事がらみの会合。明日はこれまたやんごとない用事で午前中が潰れている。
 それでも何とかして行きたいなあと、あれこれ考えながら床に入った。
4時頃、微かに聞こえるラジオの音で目が覚めた。(この頃寝付きが悪い。ナイトキャップを少し飲った上に、NHKラジオの深夜放送を子守歌代わりに流して何となく聞きながら寝付く日が続いている。どうも昨夜もスイッチを消し忘れたようだ)
 雨戸をそっと開け、空を見ると星空だ。しめしめ、今日は好天。
今すぐ出かけて、午前中に下山し、昼過ぎ帰宅すれば、山道具の整理、着替えの時間を考えても何とかなる。汗は、山麓の「あげき温泉」でひとっ風呂浴びれば何とかなる。
早速、台所をゴソゴソとやって山の用意をする。今日の山上での食事は「土鍋味噌煮込みうどん」。
 家を出たのが午前5時15分。未だ暗い早朝の高速をひたすら走る。道は空いており、藤原岳山麓の無料休憩所へは6時過ぎに着いてしまった。朝食代わりに、熱い紅茶にブドウ糖を溶かしたものを流し込み40分頃に出発。
 歩き始めて少ししてふと足元を見ると見事な霜柱だった。霜柱を見たのは、この冬初めてだ。
d0054692_12543659.jpg



フクジュソウが朝の光を浴びて大きく花開いている。
d0054692_15572120.jpg


山上の山小屋は当然貸し切り状態。1時間近くかけて土鍋で味噌煮込みうどんを食べる。今日の味噌煮込みは、近所の食品スーパーで買った瑞穂区「樽正」の製品。麺の食感、スープの味は「可もなく不可もなく」といったところ。頂き物の葱をザックりと大きめに切り、土鍋に放り込む。鶏肉は見当たらなかったので、生卵2個と油揚げで間に合わす。汁を最後の一滴まで啜り終わった後、鍋や食器の始末をして、登山口まで降りたのは10時半過ぎだった。

 阿下喜温泉にゆったりとつかって、帰宅し今このブログを書いている。

さあ、そろそろ出かける時刻だ。帰りは何時になることか。
[PR]

by taketombow | 2007-02-24 15:58 | 私の山歩き  

藤原岳「1ヶ月早いフクジュソウ」のはずだったが・・・

これは、藤原岳山麓、民家軒先で見つけたセツブンソウだ。
d0054692_13201791.jpg

 17日(土)、急遽、藤原岳へ行ってきた。
目的は3つ。
1 「フクジュソウが咲いている」という情報を得たので、それを自分の目で確認し写真に撮ること。

2 Blogやmixiで交流のある「姫」さんとそのお仲間が、フクジュソウを見にいらっしゃるので、リアルにお会いすること。 

3 先日購入した登山用サポートタイツ「ワコールCW-Xスタビライクス」の着用感、効果を確認すること。
だ。

天気予報は午後から雨。
起きがけに空を見たら、どんよりと雲が立ちこめていた。半ば迷いながら、ぐずぐずと用意をしていたが、8時半頃空の片隅に青空が見えてきたので覚悟を決めて出発。
 東名阪は蟹江IC付近の車両火災と落下物で一部渋滞していた。相当な時間ロスを覚悟したが、さほど時間も取られず通過、桑名ICを降りて国道421号を北上し、10時過ぎに登山口へ到着した。やはり空模様は相当に怪しくなり、いつ降り始めてもおかしくない。降り始める前に下山することを目標に登山開始。
 雪は、七合目辺りから登山道脇に現れた。登りはアイゼンなしでも何とかなりそうだったが、八合目の聖宝寺道分岐から装着。避難小屋でそそくさと昼食を食べ、慌てて下山したが、6合目付近から降り始め、5合目付近からは本降りとなってきた。

1 表道登山道及びその周辺では、フクジュソウの花も、株も(私は)見つけることができなかった。少なくとも、昨年の3月に見かけた避難小屋周辺、聖宝寺道分岐点一帯にはまだ咲いていないようだ。

2 「姫」さんたちの一行とは登山道の途中でお会いした。「姫」さんもそのお仲間の方々も、温かい雰囲気の方々で、「山歩きを心底から楽しんでいる」という感じが印象的だった。

3 現在使用しているNorthFaceのBIOTEX TREKKING TIGHTSと比べると、膝や腰回りのサポート感が強い。それなのに、腹の辺りの圧迫感は少ないから不思議だ。だから小用を足すときも楽である。この類の製品は基本的には前は開いていないため、男性にとってはかなり重要な点だ。
 下山時、八合目以下は、Wストックを併用し軽く走ってみたが、登山中も下山後も膝に痛みが来ることは無かった。生地の見た目は、NorthFaceのBIOTEX TREKKING TIGHTSと比べると、薄くて頼りなげに見えたが、触ってみると意外にしっかりとした手触りだ。両者の実売価格には差があるが、それだけのことは有るという印象だ。
 予算にゆとりがあるのなら、「ワコールCW-Xスタビライクス」をお勧めしたい。少しでも節約したいのなら、NorthFaceのBIOTEX TREKKING TIGHTSというところかな。私はこのNorthFaceのBIOTEX TREKKING TIGHTSを愛用して2年過ぎるが、機能で不満を覚えたことはない。、「ワコールCW-Xスタビライクス」の着用感はそれよりも更に良いというだけのことだ。

 下山後、山麓の民家の軒先で「セツブンソウ」を見つけた。冒頭の画像がそれだ。山中でお会いしたご夫婦から場所を教えていただいた。雨の中、ケータイの接写で写したにしてはまあまあかな。

 岐路、近くの阿下喜温泉「あじさいの里」を利用した。新しい天然温泉施設で料金が400円というのはかなり魅力的だが、温泉というよりは、「清潔で料金の安いスーパー銭湯」という感じだ。温泉の雰囲気はない。外側に無料の「足湯」がある。
[PR]

by taketombow | 2007-02-18 13:20 | 私の山歩き  

北八ヶ岳 スノーシュー・ハイキング

 スノーシューには興味があるが体験したことはない。従って器具も持っていない。
先日、友人から、この週末のスノーシューツアーへのお誘いがあったので参加した。
 実は、私は山岳ツアーに対しては偏見を持っている。山なんて、ぞろぞろと集団で行くものではない。それに、登山道や山頂で出会うツアー客は邪魔者以外の何者でもない。山岳ツアーなんて参加するものかと。
 しかし、最初から一人でスノーシュー体験をするよりも、誰か指導者と共に経験したい。しかも、この中日旅行会のツアーは、現地ガイドが付きスノーシューのレンタルもできるという。こんな機会を見過ごす手はない。
 名古屋駅を7時30分に出発して午後8時頃に帰ってくるという商品だ。運転をしないで済むので、現地や車内で酒を飲めるのも魅力だ。
「天候は下り坂」の予報だったが意外にも良さそうだ。車窓から中央アルプスが見える。
d0054692_15354298.jpg

11時頃に横岳ロープウェイ山麓駅へ着いた。200人乗りのロープウェイで山上駅へ行き、そこから約4時間の雪上ハイキングが始まる。坪庭から北横岳小屋を経て横岳迄を往復する。コースを踏み外すと、腰の辺りまで埋まってしまうところもあるが、大部分はしっかりと締まっていて歩きやすい。
d0054692_15335089.jpg



霧氷の間から見ると、まるで水墨画の世界だ。
d0054692_15404316.jpg

露岩に霧氷が付いて、菊花石のように見える。
d0054692_14382761.jpg

霧氷の森は雪がまだふんわりと柔らかい。
d0054692_14415277.jpg

[PR]

by taketombow | 2007-02-12 14:54 | 私の山歩き  

でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相

d0054692_1613594.jpg書名:でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相
著者:福田 ますみ (著)
定価:1400+tax ¥ 1,470 (税込)
発行:新潮社 (2007/1/17)
ISBN: 978-4103036715


「現代マスコミ」と「官僚機構」の体質が生み出した冤罪を扱う。

 自分の先入観をもとに、十分な裏付け取材もせず、警察や関係者の発表だけで記事化する記者、「頭を下げれば済むだろう」とばかりに、きちんとした事実確認もせずひたすら事態収拾だけに走る関係者。
 このような無責任体質が、一人の教師を「殺人教師」とまで呼ばれる冤罪事件の被告に仕立て上げた。
 一昔前は、たとえ教師側に過失があっても、頭を下げれば解決した。だから、たとえ(学校側に)過失が無くても「頭を下げて相手の気が済むなら・・」という雰囲気が現場には残っているかも知れない。
 しかし、今は違う。事実は事実、誤解は誤解、曲解は曲解と正確に確認しておかないととんでもないことになる。

 その、典型的な例となる事件だ。

 事件が起きると被害者と加害者が生じる。そして、その事件が「いじめ」や「体罰」だったら、どうしても、報道が「被害者?」寄りになるのは仕方がないことだろう。しかし、それが虚言癖のあるクレイマー保護者によるものだとしたら問題はとんでもない方向へ発展する。地域住民なら誰でも知っているような虚言癖、それを見抜けず主張を鵜呑みにしてしまった報道機関の側には大きな責任がある。 しかし、丹念な周辺取材により「被告」となった教師の潔白、「原告(保護者)」の主張が全くぬれぎぬだったことを明らかにしたのも、同じ言論界に身を置く人間だ。損害賠償請求公判の場で、原告の主張の支離滅裂さ、ろくな診察もせず、PTSDと診断した大学医学部精神科医師の無責任さが露呈する場面の描写が小気味良い。

それにしても、マスコミ誤報による冤罪はよくあるが、その後の責任あるフォローは余り見たことがない。この事件も、この本が出版されなかったら私は知らなかっただろう。

 いつものことながら、この事件も火を付けたのは、あの全国紙A紙だ。当然のこととして「殺人教師」と烙印をおしたまま知らぬ振りだ。 地元紙も同様。

 この著者による
「新潮45」平成16年1月号「『教師によるいじめ訴訟』全真相」
「中央公論」平成18年1月号「福岡・小学生体罰事件 稀代の鬼教師か、冤罪か」
も併せて読むと良いだろう。(本書とほぼ同じ内容だが)

 反対の立場を取っている「週刊文春」の記事も読むと争点が明らかになる。

 しかし、この被告教師の頼りなさは何だ。証言が心許ないから、周りが支えきれなくなるのも事実だろう。

[book][本][media][教育]「血が穢れている」覚えてます? 本棚■でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相
[PR]

by taketombow | 2007-02-04 16:21 | 私の本棚から  

再び”上品チエ という歌手”

d0054692_1545564.jpg
 以前のエントリー、”上品チエ という歌手”で、上品チエ の歌っていた「枯れ葉の中で」という曲とそれにまつわる思い出を綴った。
 当時のシングルレコード 45回転EPの入手は無理としても、当時の音源だけでもネット上に転がっていないかとあれこれ探してみたが、殆ど引っかからなかった。


 ところがだ。一昨日、ググってみたら、あるわあるわ、いくつでも引っかかる。
その上、なんと、ネット・オークションには彼女のEP盤までも出品されていた。(気付いたのが終了した後だったので、入手は叶わなかったが)




 突然、「上品チエ」情報が氾濫した訳は、CDの発売にある。
何とビクターが彼女の曲を含むコンピュレーションアルバム
「SFアンソロジー」 3枚組 3800円
を発売したのだ。私が、ネットのあちこちで「上品チエ」情報を求めていたのが、関係者の目にとまったのだろうか。
勿論、件の曲は1枚目の1曲目に収録されている。曲の構成は以下の通り。
Disk1
1. 枯葉の中で(上品チエ)
2. 自由への旅路(町田義人)
3. この足の鎖ひきちぎりたい(もんたよしのり)
4. 時にまかせて(かねのぶさちこ)
5. 遠い世界に(五つの赤い風船)
6. 恋は風に乗って(五つの赤い風船)
7. 死んだ男の残したものは(高石友也)
8. 俺らの空は鉄板だ(高石友也)
9. 詩集(都会の村人)
10. なのにあなたは京都へゆくの(チェリッシュ)
11. 教訓II(なぎらけんいち)
12. 永遠のきずな(なぎらけんいち)
13. サルビアの花(岩渕リリ)
14. たそがれ(サンズ・オブ・サン)
15. レディーレディー(黒い河)
16. 愛のメロディ(Come to my Bedside)(チェリッシュ)
17. 君の街に帰ろう(黒崎とかずみ)
18. 女の娘が欲しい(欲求不満フォークソング・ボーイズ)
19. こんないい日は久しぶり(武部行正)
20. 早川義夫さんに捧げる唄(山本コウタロー)
Disk2
1. 1972年6月26日晴(山本コウタロー)
2. 孤独という言葉の中に(頭脳警察)
3. 詩人の末路(頭脳警察)
4. KATAKOTO列車(長野たかしとI・M・Oバンド)
5. すみれの花(岡本正とうめまつり)
6. 夏しぐれ(アルフィー)
7. わが心のジェシー(Jesse)(エルム)
8. 北山杉(うめまつり)
9. 東京(マイ・ペース)
10. 白い木枯らし(フリーランサー)
11. 四畳半フォーク(フリーランサー)
12. K町露路裏想い出通り(マイ・ペース)
13. 何処へ(金森幸介)
14. さよなら京都(ノンノン)
15. 週末旅行(ティー・カップ)
16. ポテト・チップ(安間龍八郎)
17. わかってない,あんた(まざあ・こんぷれっくす)
18. 青春の記憶(アルフィー)
19. 木曾の花嫁さん(わさびーず)
20. 上野市(西岡たかし)
Disk3
1. 北鎌倉(岡本正)
2. ためらい(羽丘じん)
3. 青いくれよん(菊池弘子)
4. ファージョンの童話から(サウンド・スペース)
5. 単棲時代(矢板勉)
6. オートバイの失恋(三上寛)
7. せりふ(三上寛)
8. 時間通りに魔術師が(黒沢久雄)
9. マリア(バックス)
10. 目覚めた時には晴れていた(伝書鳩)
11. 愛がほしい(無有)
12. 希望の光(バスケット・シューズ)
13. 1957年(エルザ)
14. 思い出の渦(杉真理&レッド・ストライプス)
15. しあわせ京都(ばっくすばにい)
16. 石だたみ(ばっくすばにい)
17. もず(荒井沙知)
18. 嘆息のカーニバル(森雪之丞)
19. 君のひとみの歌(西岡たかし)
20. 江古田スケッチ(竹内緑郎と旅行かばん)

この類のアルバムはベストヒットを網羅するのが常道だ。この企画は、それと違う点が味噌だ。一部の人しか知らない、相当にディープなアーチスト、曲だけに絞っている。 全60曲の中で私が知っている曲は6曲ほど、欲しい曲は2曲だけだ。たった2曲の為に、全60曲、3800円のアルバムを購入することになる。

セブンブックスで注文したら、2日後に近所のセブンイレブンへ届いた。
はやる胸を押さえて、CDをプレイヤーに入れる。スピーカーからあの声が流れてくる。

そうだ、この声だった。

椹島からの7時間の急登の後、赤石小屋で聴いたのは・・・。
小さなトランジスタラジオから流れていたのは・・・。
岩からしみ出した水で割ったウイスキーで朦朧となった頭を直撃した曲は・・・。

何度も聴いた。繰り返し聴いた。朝まで聴いた。ビールを飲んで聴いた。ワインを飲んで聴いた。焼酎を飲んで聴いた。

 赤石小屋の朝焼け、赤石カールのタカネマツムシソウ、百間洞でのバケツをひっくり返したような突然の夕立、大沢岳から見た富士、聖岳山頂に乱舞していた美しい高山蝶、聖平のお花畑、西沢渡からの長い軌道歩き、あの山行での様々な場面が音楽と共に鮮やかに甦ってくる。
スチール製の背負子に横長のキスリングと雨で濡れたビニロン製の5人用の屋根型天幕を縛り付けて背負ったっけ。

36年ぶりに、憧れていた懐かしい人にやっと会えた気分だ。

この機会を逃したら、多分もう手に入らないだろう。そう考える人は躊躇わず購入すると思う。

私たちの世代の青春の思い出だ。
「思い出」は値切るものではない。


追記
YouTubeにジローズ、上品チエ、徳永芽里の歌がそれぞれアップされていたので貼り付ける。徳永芽里のみ動画の埋め込みが"無効"に設定されていたので、URLをクリックしてほしい。

先ずはジローズ


次が上品チエ


さいごに徳永芽里
http://jp.youtube.com/watch?v=VkDJikaMG
YouTube 枯葉の中で 徳永芽里さん
[PR]

by taketombow | 2007-02-04 15:46 | 雑感