<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

結果責任を問うのは酷だが・・・・。指揮官の責任は?

愛知県長久手町の立てこもり事件に思う。

Excite エキサイト : 社会ニュース
<愛知立てこもり>大林容疑者を緊急逮捕 29時間ぶり決着 [ 05月18日 21時09分 ]
 愛知県長久手町の元暴力団組員、大林久人容疑者(50)が人質を取って自宅に立てこもり、拳銃を発砲して県警機動隊特殊急襲部隊(SAT)隊員の林一歩(かずほ)警部(23)=18日付で2階級特進=ら4人を死傷させた事件で、県警は18日午後8時48分、自宅から出てきた大林容疑者の身柄を確保、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。事件は発生から約29時間ぶりに解決した。


 あってはならないことだが、「暴力団員」「拳銃」「発砲」「人質」「立てこもり」の事件はままある。それによる傷害、死亡事件もある。狂気の人間が相手なのだから、ある程度の犠牲はどうしても避けられなかったかも知れない。

 しかし、今回の警察官二人の殉職、受傷(下半身不随の重体と聞く)の経緯には納得がいかない。銃器を持った犯人に突然遭遇し、丸腰の一般市民が犠牲になるのなら(勿論あってはならないことだが)まだ分かる。
 でも、拳銃を持っている事を承知で出動した警察官が撃たれたり、完全武装をしている筈のSATでさえ射殺されたのはなぜだ。

 現場の指揮官は作戦・装備にどのような指示をしたのだろうか。一般組織と異なり、軍隊、警察の組織は指揮官の命令には絶対服従である。部下は上司に命を預けている。そのことを指揮官は十分に意識し熟慮していたのだろうか。
 また、銃撃されて倒れた警察官をなぜ長時間路上に放置したのだろうか。職務中に銃弾に倒れた部下は何を置いても最優先で収容し加療すべきではないのか。瀕死の仲間が放置されているのを数時間にわたって眼前にした同僚の士気、市民の警察官への信頼感、警察官の家族の思いへの影響は考慮したのか。瀕死状態の部下を長時間晒し者にして得たものは何だったのか。なにを躊躇って何を守れたのか。

 それでもなお、無事収容できたのならまだ良い。救出側に殉職者まで出してしまった。

 日常の銃器取り締まり体制、初期対応、作戦、装備その他を含めて、猛省してほしいものだ。

 それぞれの警察官に妻子があり家族が居る。長時間見捨てられ放置された警察官、殉職した警察官ご家族の心中を察すると余りにも心が痛くてやり切れないのだ。

 責任の所在を明らかにし、二度とこのような(現場警察官の殉職という)事態の起きないようにして欲しいと思う。

 「仕方がなかった」「やむをえなかった」では済まされない。
第一線の警察官を、「捨て駒」にしてはならない。

 また、幹部の「辞職」で、うやむやのままにされるべきでもない。大切なのは、マスコミや世論が「溜飲を下げる」ことではない。再発防止なのだ。

 二人の犠牲を決して無駄にしてはならない。

5月19日に入手した本
となりのクレーマー 「苦情を言う人」との交渉術 関根眞一・著 中央公論社・刊 720+TAX円
天使と悪魔 上・中・下 ダン・ブラウン・著 角川書店・刊 590+TAX円
高層難民 渡辺実・著 新潮社・刊 680+TAX円
地域の防犯 犯罪に強い社会をつくるために 竹花豊・監 北大路書房・刊 1900+TAX円
若者たちはなぜ自殺するのか 浅井哲也・著 長崎出版・刊 1800+TAX円
人の痛みを感じる国家 柳田邦男・著 新潮社・刊 1400+TAX円
「過去の克服」と愛国心 歴史と向き合う2 朝日新聞社・刊 朝日新聞取材班・著 1300+TAX円
総点検日本の戦争はなんだったか 吉岡吉典・著 新日本新聞社・刊 1600+TAX円
教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために 山脇由貴子・著 ポプラ社・刊 880+TAX円
イギリス「教育改革」の教訓 「教育の市場化」はこどものためにならない 阿部菜穂子・著 岩波書店・刊 480+TAX円
母に心を引き裂かれて 娘を苦しめる<境界性人格障害>の母 クリスティーヌ・A・ローソン・著 とびら社・刊 2500+TAX円
装束の日本史 平安貴族は何を着ていたのか 近藤好和・著 平凡社・刊 840+TAX円
魚のウロコのはなし 吉富友恭・著 成山堂書店・刊 1600+TAX円
ヒマラヤと地球温暖化 消えゆく氷河 中尾正義・編 昭和堂・刊 2300+TAX円
雷文化論 妹尾堅一郎・編 慶應義塾大学出版会・刊 2000+TAX円
読書会 山田正紀、恩田睦・著 徳間書店・刊 1500+TAX円
大腸の健康法 病気にならない「リラックス腸」をつくる 松生恒夫・著 平凡社・刊 740+TAX円
[PR]

by taketombow | 2007-05-19 10:54 | ニースに接して  

時、場所、世代を超えて

 昨日、ある研修会に参加した。
ML(メーリングリスト)のOFF会を兼ねたもので、国内は言うに及ばず、アメリカのカリフォルニアからも駆けつけてくれた。

 私がこのMLに参加したのは10年ほど前のことだ。

 ネットの通信環境が、Nifty,PC-VAN等のパソコン通信からインターネットの時代へと激変し、インターネットもダイヤルアップから光ファイバーの常時接続へと大きく変化していった。
 ネット上のコミュニケーションも、ニュースグループからメーリングリスト、ブログ、SNSとその主役を交代しつつある。

 一時のことを思うと、メールの流通量は減ったが、その分内容のあるメールは多く、教えられる部分は少なくない。匿名性を排除した責任のあるコミュニケーションの良いところだろう。

 小学校英語、e-ラーニング、日米教育事情比較論等々、用意されたテーマを次々と消化していき、4時間は瞬く間に過ぎていった。このような講師も全てメンバーにお願いできるのもこのMLの強みだ。

 カリフォルニアのSさんは相変わらずパワフルで鋭い視点をもっているし、沖縄のNさんは那覇で地道に実践を積み重ねているようだ。それらがまるで自分のことにように嬉しい。

 10年の間に、青年は壮年に、壮年は熟年にと、着実に人生の年輪を重ねていった。仕事の面でもでも地歩を固めているようだ。そして、その間に大病から奇跡の生還を果たした人も、K氏の様に奥様からの生体腎移植で第二の人生をスタートした人もいる。

 今回の研修会は、それらのお祝い意味も込めている。みな、思っていた以上に元気だ。

 次回のOFFのときにも、元気な懐かしい姿に再びお会いしたいものだ。


今回、参加者のお二人からご自身の著作、翻訳本の紹介があった。

ゼロトレランス 規範意識をどう育てるか 加藤十八・著 学事出版・刊 1900+TAX円

もう一冊の翻訳本は
まだ、最終校正の段階で、近日中に出版できるとのこと。

入手できる日が楽しみだ。 
[PR]

by taketombow | 2007-05-13 23:15 | 雑感  

今では相当に「レア」だと思うが・・

d0054692_795460.jpg


中身(ビール)のことではない。
容器(ジョッキ)だ。
昨秋入手したのを使ってみた。

「TAKARA BEER(タカラビール)」というロゴが読める筈だ。

昔、タカラビールというブランドがあった。清酒「松竹梅」や宝焼酎、タカラ缶チューハイを造っている会社だ。この会社は、一時ビール製造にも手を出した。しかし、ガリバーのキリン、それに次ぐサッポロ、アサヒの寡占状態の市場にはどうやっても食い込めず、何年か後に市場を撤退した。その後、ウイスキーのサントリーもビール市場へ参入した。そして、現在がある。

 当時、タカラビールが業務用市場に何とか食い込もうとして販促用に配ったのがこのジョッキだ。

 家で適温に冷やしたビールをこのジョッキに入れて飲んでいる。手軽に往時のビアガーデン気分になれる。ジョッキを軽く冷やしておくと更に旨い。

5月5日に入手した本
自立クライシス 金子由美子・著 岩波書店・刊 1700+TAX円
子ども虐待の理解と対応 庄司順一・著 フレーベル館・刊 1200+TAX円
ピアジェに学ぶ認知発達の科学 中垣啓・訳 北大路書房・刊 2800+TAX円
障害者自立支援法と人間らしく生きる権利 障害者生活支援システム研究会・編 かもがわ出版・刊 3200+TAX円
包帯クラブ 天童荒太・著 筑摩書房・刊 760+TAX円
キヤンベル生物学 小林興・監 池内他・訳 丸善・刊 15000+TAX円
希望格差社会 山田昌弘・著 筑摩書房・刊 680+TAX円
国家は僕らをまもらない 田村理・著 朝日新聞社・刊 740+TAX円
なぜ勉強させるのか 諏訪哲二・著 光文社・刊 720+TAX円
心にナイフをしのばせて 奥野修司・著 文藝春秋・刊 1571+TAX円   
[PR]

by taketombow | 2007-05-08 07:37 | 雑感