<   2008年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

鈴鹿「御在所、雨乞、鎌」日帰り縦走

 明日の土曜日(天気は芳しくないようだが)が勤務なので、月曜日が休日となった。

久しぶりに「鈴鹿三山日帰り縦走」に挑戦する。

 途中で両膝を痛めて敗退した山行以来実に4年ぶりの挑戦だ。
従来は公共交通機関利用で「三交湯の山温泉」発着の行程だっが、今回は、自動車を武平峠に止めてここからの発着と大幅に短縮した。平日なので「近鉄湯の山温泉」駅からの始発が9時過ぎになり、私の体力では日帰りが到底不可能になってしまったからだ。

 公共交通機関利用だと、「三交湯の山温泉」発・着がそれぞれ8:20、17:44と縛りがあるので結構面白かった。最終の17:44に乗るためには、コースタイム12時間30分のコースを約9時間20分で踏破しなければならない。下山時は暗いのでヘッドランプ必携で食事も行動食のみ。止まって摂る時間的余裕は殆ど無い。道迷い、怪我によるロスタイムを如何に減らすかがポイントだった。最終バスに乗り遅れたら、「近鉄湯の山温泉」駅まで、疲れた足を引きずって更に40分近く歩くことになる。

 今回のコースはこの通りだ。

武平峠 → 御在所岳(望湖台) →(地獄谷)→ 上水晶出合 → コクイ谷出合 → 杉峠 → 雨乞岳 → くら谷 → 沢谷峠 → 武平峠 → 鎌ヶ岳 → 武平峠

武平峠から登り始めるのを8:00頃とすれば、三度目に武平峠へ戻ってくるのは17:00になるだろう。

 同行するのは、大学の同級生で学生時代から山も一緒に歩いてるI氏だ。この夏、彼とは南アルプス(赤石~悪沢)と剣を一緒に行くことになっている。

今週の読書ノート(~6月1日)
もしも宇宙を旅したら 地球に無事帰還するための手引き ニール・F・カミンズ・著/三宅真砂子・訳 SftBank Creative・刊 2,000+TAX円
学校の品格 あるいは教育空間のために 石川實・著 白順社・刊 2,800+TAX円
「冤罪」を追え 朝日新聞鹿児島総局・著 朝日新聞出版・刊 1,500+TAX円
反貧困 -「すべり台社会」からの脱出 湯浅誠・著 岩波書店・刊 740+TAX円
理系のための人生設計ガイド -経済的自立から享受線、会社設立まで 坪田一男・著 講談社・刊 900+TAX円
[PR]

by taketombow | 2008-05-30 23:27 | 私の山歩き  

図書館開設ヴァーチャルプロジェクト 7 図書館は金食い虫?!

 先ほどネット上のデータで試算してみたが。

施設備品だけでも相当な費用が要る。(品名、コクヨの型番、単価、個数、金額の順に表記)

書棚 BL411601Y+BL441161Y   414,960    34    14,108,640
カウンター セット価格   997,395   1    997,395
読書デスク    BL-3622NN    176,400    12   2,116,800
読書テーブル    BL-3506 174,300    2    348,600
ブックトラック   BL-7862NN 66,780    4    267,120
閲覧チェア    BL-3684Ka 15,540    25   388,500
カウンターバック棚   BL-3379N 290,850    3   872,550
雑誌架   BL-3326N    273,000    2    546,000
両袖デスク   SD-SX166D    111,300    1    111,300
片袖デスク    SD-SX146L    84,630   4   338,520
事務用回転椅子   CR-G643-WNN    73,710    1    73,710
事務用回転椅子   CR-G630-WN    51,975    4    207,900

書籍 3,000    40000    120,000,000
合計                140,377,035

その他に会員管理システム 入退室管理システム 図書管理システム等のPCシステム(サーバー、端末、バックアップ)システムが数百万単位で必要になるだろう。また、室内の内装工事もどんなに安く仕上げても数百万、細々とした事務用品、を含めて10,000,000は下らないないと思う。

ハコ物を作らず中身だけを素人が計算してみても、初期費用だけで
150,377,035円 それに前述の不動産賃貸契約で
預託金27,106,560/契約時 賃料2,258,880/月 共益費752,960/月

合わせて 180495435円がスタートの時点で手元に現金で必要となる。
あくまでも会員制の有料図書館として、これらを入会金、会費で賄うとすれば、自分の感覚では、払っても良いなと思う限度は、せいぜい入会金3万円、会費月額なら1000円、年額なら1万円だ。開始時点で7000人程度の会員がおり入会金を払い込み済みになっていなければならない。何の根拠もないが、最初は100人集まれば上々だろう。そうすると一人あたり181万の出資が必要となる。

 限りなく画餅に近い。

次に、月々の維持費を計算してみる。賃料が共益費を含めて
                   3,011,840円
人件費が専任職員2人、嘱託職員3人で年金各種保険、交通費も込めて職員は総額50万嘱託には30万、賞与は年間5ヶ月分支払うものとして、合計32,300,000円。月額にして
                   2,700,000円
図書は毎週20冊購入するものとして、月額24万円。光熱通信費は月額50万、図書補修材、事務消耗品26万円、これらを合わせて合計
1,000,000円
月々の経費は これらだけでも 6,711,840円 になってしまう。これらを毎月の会費だけで賄うとすると、会員100人だけの時点では会費を月6万7000円にする必要がある。会員1000人で6700円、10000人で670円とやっと現実的な数字になる。

貸事務所を利用してこの数字だから、土地を手当てし自前のハコを作ったとしたら相当な費用になる。毎月の賃貸料は不要となるが、厖大な建設資金の金利負担、建物の維持管理費用はそれを上回るかも知れない。そして、それは人口数万以下の規模の自治体にとっては、大きなツケとなりのしかかってくる。

 私は図書館に関しては全くの素人だ。ただの本好きなだけだ。会計に関しては更に門外漢で必要な項目を落としていたり、大事な部分が沢山抜けていると思う。

 だが、私たちが普段何となく極めて当たり前のようにして利用している図書館は相当なコストがかかっていることはよく分かった。そして、商業ベースには乗らないので、行政サービスとしてやらざるを得ないことも良く分かった。

 あとは私たちがどう利用していくかだな。

※ 書籍は専門書が一冊平均4000円程度、小説が2000程度となっているので、一冊3000円と仮定した。
※ 本の重さも気になった。最も多いA5,B6サイズのハードカバー350ページ程度の本の場合5冊で2.4Kgとなる。蔵書数40000冊の総重量は19.2tとなる。
※ 図書館も不動産を貸す側からしてみれば、ある意味では迷惑施設になるかもしれない。不特定多数の人間が、長い時間帯に渡って出入りする。共用部分の照明、保安、警備上の負荷もかかるし、エレベーターの利用頻度も格段に上がる、これらに関して共益費の割り増しや賃貸の拒否も考えられるが、この点も考慮していない。
※ 全国紙、ブロック紙、業界紙、専門誌等の定期刊行物も貴重な資料であるが、その定期的な購読料、データベース契約料も考慮していない。
※ 運営主体をどうするかによって大きく変わるとは思うが、公租公課も考慮に入れるべきだ。しかし、どのような公租公課がかけられるか不明なので、これも考慮していない。
[PR]

by taketombow | 2008-05-28 23:53 | 会員制プライベート図書館を作る  

図書館開設ヴァーチャルプロジェクト 6 「共益費」と「預託金」 

「共益費」は一般住居用の契約とほぼ同じようだ。
共用部分の電気・水道代、管理費用、警備費用に充当するとのことだ。
 「預託金」は住居用の契約の敷金に該当するものだが、やや性格が違う場合があるらしい。個々の契約によって拘束されるが、一部権利金に該当する部分がある場合もあるという。つまり、契約によって契約終了時に1割を差し引かれる契約もあるという。また、その返還も、契約終了時(退去時)に返還される場合もあるが、退去一年後、または、次の契約者が確定後という場合もある。
 また、電気代、空調代、水道代の精算も、契約によって異なる。この物件の場合は、それぞれ別になっている。
[PR]

by taketombow | 2008-05-26 21:45 | 会員制プライベート図書館を作る  

余りにも冷たすぎないか??!!

中国の四川大地震の惨状に心を痛めている。
それとともに、国内の反応に戸惑っている。

余りにも冷たすぎないか?それは私だけの偏った印象であり実際は違うなら良いのだが。

ニュースによると
死者(行方不明も含めて) 約88,230人 = 福井県の人口に匹敵(871,908人)
被災者数 約12,000,000人 = 東京都の人口に匹敵
という未曾有の大惨事なのだ。

たしかに、最低限にすべきことはしている。誰からも正面から批判されることはないだろう。
 政府は支援を発表し見舞金を送ると共に緊急救助隊や医療チームを派遣した。民放各局や新聞社は寄付を募っている。

 でも、しかし、何かが足りないのだ。今行われている様々な支援運動に、今ひとつ盛り上がりの欠けた冷めさを感じるのだ。

 ついこの間、農薬入り餃子事件があった。それに対する中国国内や、政府当局の反応には、割り切れない物を感じた。そしてそれは未だに解決されてはいない。また、北京五輪の聖火リレーを巡るぎくしゃくとしたこともあった。チベット問題もある。日本のすることを目坪にとって過激に反応する国民性もどうかと思うこともあった。そして、その様子を見て、我々の方が大人だなとも思ったこともある。

 両国のあいだの関係は”極めて良好”とは言い難い。

でも、隣人が困っている。これは事実だ。面積にすれば、日本の国土全体の地域が被災しているのだ。このようなときに、あれこれ理屈を付けて渋っていていいのだろうか。今私たちは、「大人になり切れない子どものような」対応をしていないだろうか。

 人が困っているとき、知らん顔をしていたり、通り一遍の対応しかできないだとしたら、私たちは何と心の貧しい人としての温かさに欠けた民族なのだろうか。

 私たち大人が、他人の悲しみに共感できない、悲哀に共に涙することができないとしたら、子どもたちに”「いじめ」をなくせ”などと言うことは極めて烏滸がましいことじゃないのだろうか。

 いじめの最大の原因は、「"人の悲しみを自分の悲しみとしてとらえられないこと"="
共感力の不足"」なのだ。
[PR]

by taketombow | 2008-05-26 21:18 | ニースに接して  

草鞋を作る 7 編み始める

ない終わった藁縄をわらじ台にかけて、いよいよ編み始める。
藁縄のわらじ台へのかけ方、その長さ、編み始めの藁の処理など、技術的に大切なところがあるのだが、言葉では到底説明できず、自分一人ではケータイで写真も撮れないので、詳細については後日触れたい。
d0054692_17213131.jpg
一番目の「ちち」の手前までできたところ。本来なら手前はもっと丸みを帯びていなければならない。これでは、商品にはならない。

今週の読書ノート(~5月25日)
公共料金の経済学 規制改革と競争政策 桑原秀史・著 有斐閣・刊 3,800+TAX

未成年者保護法と現代社会 -保護と自律のあいだ- 森田明・著 有斐閣・刊 3,900+TAX円
大気と微粒子の話 エアロゾルと地球環境 笠原三紀夫/東野達・監 京都大学学術出版会・刊 1,800+TAX円
トコトンやさしい 天然ガスの本 藤田和男・監 井原博之/佐々木詔雄/島村常男/木村真澄・編著 日刊工業新聞社・刊 1,400+TAX円
高速バス 堀内重人・著 グランプリ出版・刊 1,800+TAX円
図書館づくり奮戦記 山本宣親・著 日外教養選書・刊 1,900+TAX円
男たちのワークライフ・バランス ヒューマンルネッサンス研究所・編著 幻冬舎ルネッサンス・刊 1,300+TAX円
byu
こんな募金箱に寄付してはいけない 「ボランティア」にまつわるウソと真実 筑波君枝・著 青春出版社・刊 730+TAX円
よみがえれ堀川 「まち」と「川」を「ひと」でつなごう 毎日新聞なごや支局・編 風媒社・刊 1,200+TAX円
名古屋の大地とその生い立ち ◆◆見てみよう 調べてみよう 強度の地質遺産◆◆ 松村憲一・著 スパイシースタッフ・刊 2,100+TAX円
マネーロンダリング 立花玲・著 幻冬舎・刊 1,800+TAX円
刈りたての干し草の香り ジョン・ブラックバーン・著 霧島義明・訳 論創社・刊 2,000+TAX円
光の輪トリロジー 魔女と魔術師 ノーラ・ロバーツ・著 柿沼瑛子・訳 扶桑社・刊 1,000+TAX円
[PR]

by taketombow | 2008-05-25 17:21 | 草鞋(わらじ)をつくる  

草鞋を作る 6 縄をなう

 一足につき約420センチの縄を用意する。これは「引き縄(たて縄)」といい、織物を編むときの縦糸に相当する。縄を編むのは、極めて簡単であり相当に難しくもある。よく打った藁を左の掌に数本ずつ離して置き、右の掌に力を込めて圧迫するように軽く押さえながら右手を前(自分の身体から遠くへ離れた方)へと押し出す。すると掌の上で2本の細い藁紐ができる。右の掌が左の掌の先まで移動したところで、先の細い藁紐を手前、手前の細い藁紐を向こうへと時計回りにやや力を入れながら戻す。これを繰り返すだけだ。
 年季の入った方は、これをいとも簡単にこなす。しかも仕上がりは美しく丈夫だ。私の仕上がりはというとこの通りだ。
d0054692_953652.jpg

引き縄は草鞋の強度を担っている。編み上がった後強く引っ張って仕上げるため、細くて滑りが良く丈夫なことが要求される。また、履いて実際に使うときは足に縛り付ける紐としての用途もある。同じ3本取りの縄でも、場所によってこのように太さが違ってしまった。これは、縄を補給するとき、部分的に縄が重なり、6本の部分ができるからだ。

 職人たちはこれをどのようにして克服しているのだろうか。
[PR]

by taketombow | 2008-05-25 09:58 | 草鞋(わらじ)をつくる  

図書館開設ヴァーチャルプロジェクト 5 

GOOGLE で検索する。駅に近く広い物件となるとかなり限定される。その中で一番安いのがこれだ。
http://www.e-miki.com/search/n_search.php?md=sd&housing_cd=2087095
床面積188.24坪
預託金27,106,560/契約時 賃料2,258,880/月 共益費752,960/月

当初の預託金、毎月の賃料、共益費の負担の試算だけで、実現不可能なことは明白になった。しかし、当初から「ヴァーチャル」で考えているプロジェクトなので調査は続行していく。

まずこの「共益費」とは一体何だろうか。「預託金」はどのような性格のものだろうか。 電気代、空調代、水道代の精算はどうなっているのだろうか。
[PR]

by taketombow | 2008-05-24 09:56 | 会員制プライベート図書館を作る  

図書館開設ヴァーチャルプロジェクト 4 

その他にも各種の政令、条例、管理規則があるが詳細は掴めていない。
想定所在地自治体には以下の条例・規則がある。
「名古屋市図書館条例」
「愛知県芸術文化センター条例」
「愛知県芸術文化センター管理規則」
これらは、名古屋市立図書館、愛知県立図書館の設置を規定しているに過ぎない。
[PR]

by taketombow | 2008-05-24 09:07 | 会員制プライベート図書館を作る  

図書館開設ヴァーチャルプロジェクト 3 

消防法、建築基準法では、防火・防災、建物強度についての規準を示しているだけで、「図書館」と明記した特別の規定は見当たらない。また、既存の建物の店子となる場合、原則としてその建物の管理者(所有者)が法的な義務を負う場合が多い。

気になるのは「風営法」だ。
「風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)」

(店舗型性風俗特殊営業の禁止区域等)
第二十八条  店舗型性風俗特殊営業は、一団地の官公庁施設(官公庁施設の建設等に関する法律 (昭和二十六年法律第百八十一号)第二条第四項 に規定するものをいう。)、学校(学校教育法 (昭和二十二年法律第二十六号)第一条 に規定するものをいう。)、図書館(図書館法 (昭和二十五年法律第百十八号)第二条第一項 に規定するものをいう。)若しくは児童福祉施設(児童福祉法第七条第一項 に規定するものをいう。)又はその他の施設でその周辺における善良の風俗若しくは清浄な風俗環境を害する行為若しくは少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止する必要のあるものとして都道府県の条例で定めるものの敷地(これらの用に供するものと決定した土地を含む。)の周囲二百メートルの区域内においては、これを営んではならない。


同条3項の規定により、既存の店舗には適用されないし、いわゆる「図書館」には当たらないが、新規開業予定の業者がいる場合や、法律が準用される可能性もある。
[PR]

by taketombow | 2008-05-24 08:48 | 会員制プライベート図書館を作る  

図書館開設ヴァーチャルプロジェクト 2 

法的な面から考えてみる。

1 そもそも「図書館」とは何だろう。なにをもって「図書館」と言っているのだろうか。
  その根拠は?
2 1の上に立ち、民間が図書館を作ることは可能なのだろうか。
3 法的な制約は何があるだろうか。
  消防法、風営法、建築基準法・・・、他には無いのか?


図書館に関する法律は3つである。これで公・私立図書館、学校図書館、国会図書館を網羅している。

図書館法
学校図書館法
国会図書館法

図書館については「図書館法」第二条で次のように定義している。
(定義)
第二条 この法律において「図書館」とは、図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資することを目的とする施設で、地方公共団体、日本赤十字社又は民法(明治二十九年法律第八十九号)第三十四条の法人が設置するもの(学校に附属する図書館又は図書室を除く。)をいう。
2 前項の図書館のうち、地方公共団体の設置する図書館を公立図書館といい、日本赤十字社又は民法第三十四条の法人の設置する図書館を私立図書館という。


つまり、公共図書館以外は公益法人、日赤が設置するもののみを「図書館」ということになる。それ以外の任意団体、個人が図書館を運営することは想定されていない。個人、会社、NPO法人、任意団体が「図書、記録その他必要な資料を収集し、整理し、保存して、一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資することを目的とする施設」を設置しても、「図書館法」での「図書館」には該当しない。
[PR]

by taketombow | 2008-05-24 00:44 | 会員制プライベート図書館を作る