<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

私たちに何ができるのだろうか?

また、小さな命が危機に瀕している。
児童虐待によってだ。

4歳虐待容疑で父逮捕 長男重体、名古屋

ニュースは数日でリンク切れになるので、ここに小さな文字でそっと引用しておく。

 名古屋市港区で男児が頭部や腹部にけがを負い意識不明の重体で病院に運ばれた事件で、港署は31日、長男(4つ)を虐待したとして、傷害の疑いで、父親の無職浅野隼也(じゅんや)容疑者(25)を逮捕した。
 逮捕容疑では、28日午後5時ごろから30日午後6時ごろ、同区知多のマンションの室内で、長男の顔や胸、腹などを何度も殴り、全身を足げりし、頭蓋(ずがい)内出血や右胸内出血などの大けがをさせたとされる。
 30日午後7時25分ごろ、同居する浅野容疑者の元妻(26)から、「子どもの意識がない」と119番通報があり、救急隊が駆けつけたところ、長男がぐったりとしていた。長男は市内の病院に運ばれたが、意識不明の重体。
 港署によると、意識不明となっているのは浅野容疑者と元妻の間の長男。元妻は事情聴取に対し、浅野容疑者が子ども部屋に長男を呼びに行ったが、その後、怒鳴り声が聞こえたため様子を見に行くと長男が倒れていたと説明している。元妻は体調不良で別の部屋で寝ていた。
 一家は浅野容疑者と前妻の女性、長男、長女(2つ)、現在の妻(19)の5人暮らし。港区によると、男児について、両親から自宅近くの市立保育園に入園希望が出されたが、今年3月に経済的理由で両親が取り下げ、男児は入園しなかった。
 調べに対し、浅野容疑者は「しつけとしてやった」と容疑を認めている。港署は長男の全身に打撲痕があり、古い傷あとも残っていることから、以前から虐待を受けていた可能性もあるとみて捜査している。
 現場のマンションは民家や集合住宅が立ち並ぶ住宅街にある。住民らによると浅野容疑者は近所との付き合いは少なかったという。


家庭の崩壊、経済的困難、夫婦関係の破綻等々、児童虐待のハイリスク要素はてんこ盛りだったのだが、児相は介入し助けることはできなかったし、民生委員、主任児童委員等による地域の見守りも機能しなかった。
 この家庭(と言える代物かどうかは別問題として)の異常な実態をどこまで、行政は掴んでいたのだろうか。法は、どこまで掴むことを可能にしていたのだろうか。
 無職の父、前妻とその子ども、現在の若い妻それらが同居する狭い空間。
このような環境で子どもたちは、どのように育っていくのだろうか。

 児相を責める気も、地域を批判する気も毛頭無い。勿論、この親(社会的にはそう呼ぶに値しないが、生物学的には紛れもなく"親"だ)を責める気力もない。

 ただ、胸の中を、深い悲しみと、鉛のような重く暗い澱のようなものが静かにうごめいているのを感じるだけだ。

 私たちの社会は、どうしたらこの子を救うことができたのだろうか。

批判や非難はもう沢山だ。(このような)親が駄目なことは分かり切っている。批判しても、厳罰化しても(このような事例の)根絶は極めて困難だろう。

私たちはどうすべきなのだろう。何をしたらよいのだろうか。

8月30日の投票に向けて、候補者たちはどのようなビジョンをもっているのだろうか。聞いてみたいものだ。

More 今週の読書ノート(~08月02日)
[PR]

by taketombow | 2009-07-31 22:39 | ニースに接して  

首相の蹉跌

首相の蹉跌―ポスト小泉 権力の黄昏 清水真人・著 日本経済新聞社・刊 1900+TAX円

d0054692_21531127.jpg 自民党の細田幹事長が「国民の程度が低い」と発言し、すぐ撤回した。
国民程度低い?自民・細田氏が発言撤回
記事の本文にもあるように、最近の支持率低下によるいらだちから、つい本音が出たのだと思う。お世辞にも褒められた発言ではないが、結構当を得た発言だ。
 しかし、肝心なことを彼は忘れている。「この程度の国民」ということで最も利益を得てきたのは、当の自民党自身であるということだ。「この程度の国民」だったから、怒り、嘆き、呆れながら、それでもなお、自民党を支持し続けてきた。「この程度の国民」でなかったら、もっと前に自民党は下野していたかもしれない。
「この程度の国民に」心から感謝すべきであり、批判などもってのほかなのだ。

 コイズミ改革以降、、安部、福田と短命政権が続き、麻生現政権にも黄昏が迫っている。本書は、その部分に「なぜだ?」と切り込んだ本だ。
 国民はなぜ、小泉政権にあのような圧倒的な支持を与えたのか。その圧倒的な数の力を継承しながら、後継政権はなぜ、かくも脆く崩れ去ったのか。
 その鍵は党内統治と官僚の使い方にあったのだと筆者は指摘する。飴と鞭を巧みに使い分けて、官僚を旨く利用した小泉政権に比して、官僚批判だけを繰り返し挙げ句の果ては官僚による”自爆テロ”さえも招いてしまった後継政権における官僚の使い方を詳細に検証している。
 そして、それを招いたのは、、安部、福田共に大臣経験のなさが原因しているのではないかとも。

More 今週の読書ノート(~07月27日)
[PR]

by taketombow | 2009-07-27 06:15 | 私の本棚から  

剣岳

 剣岳へ行ってきた。
まだ梅雨が明けず、九州を始めとする西日本では大雨が降っているこの時期、山には余り良い時期ではない。 だが、以前から友人と日程を調整し、ようやく休暇を合わせた山行だ。だめなら、「麓の温泉にでも浸かって帰ってくれば良い」と、はなから好天は期待していなかった。
 出発時から当然の曇り空。立山インターを降りた頃からパラパラと雨が降り始め、立山ケーブルカーの駅へ降り立ったときは本降りになっていた。
 ところが・・・・・。
立山高原バスで室堂に着いたら、青空が広がっていた。
雲は下界だけだった。
d0054692_23455276.jpg

その日の内に、剣御前を経て剣山荘へ。
雲間から剣岳が見え隠れする。
実に良い山容だ。
d0054692_2348648.jpg
d0054692_23483376.jpg
d0054692_23484486.jpg

久しぶりに手応えのある山だった。
[PR]

by taketombow | 2009-07-26 23:55 | 私の山歩き